無料でのお見積承ります!
0120-334-880 受付時間:平日 9:00~17:00
お問い合わせ 時間外の方はこちら
お問い合わせ 時間外の方はこちら

エコキュートの交換時期の目安は?交換サインと買い換えるメリット

エコキュート

エコキュートは省エネで経済的なことから、近年人気が高まっています。しかし、長期間使用すると劣化や故障のリスクが高まります。そのため、エコキュートの交換時期を知っておくことが重要です。

本記事では、エコキュートの交換時期の目安や交換サイン、買い替えるメリットについて詳しく説明します。これらの情報を知ることで、エコキュートの交換時期を正確に判断し、トラブルを未然に防ぎながら快適な環境を整える一助としてください。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの交換時期の目安

エコキュート 交換 サイン

エコキュートの寿命は、一般的に10〜15年程度と言われています。この期間を過ぎると、故障の頻度や修理費用が高くなるため、交換を検討するタイミングです。

エコキュートも機械であるため、経年劣化は避けられません。10年以上使用していると、部品の劣化や故障が起こりやすくなり、修理費用が高くなることがあります。

また、エコキュートのメーカー保証+延長保証は一般的に10年が多いです。そのため、10年以上使用していると、保証が切れてしまうため、修理費用がすべて自己負担となります。

エコキュートの交換時期の目安は、以下のとおりです。

エコキュートの交換時期の目安

  • 使用年数:10〜15年
  • 部品の劣化や故障:頻繁にエラーコードが表示される、設定温度までお湯が温まらない、異音がする、運転音がおかしい、水漏れしている
  • メーカー保証:1~5年
  • 延長保証:3年・5年・10年

エコキュートの交換時期は、使用年数や部品の劣化や故障、メーカー保証などの条件を考慮して判断する必要があります。10年以上使用している場合は、交換を検討することをおすすめします。

エコキュートの寿命は何年?

エコキュートの寿命は、一般的に10年から15年と言われていますが、実際には使用状況やメンテナンス状況により異なります。以下のような場合は寿命が短くなる可能性があります。

寿命が短くなる使い方

  • 毎日大量のお湯を使用する
  • 風呂釜やタンクに水垢がたまる
  • 高温設定や追い焚き機能を頻繁に使用する
  • 屋外に設置している場合は、気温や湿度の変化による影響

逆に、以下のような場合は寿命が長くなる可能性があります。

寿命を伸ばす使い方

  • お湯の使用量を節約する
  • 定期的に水垢除去や点検を行う
  • 省エネモードや節電モードを活用する
  • 適切な温度設定や追い焚き機能の使用を心がける
  • 屋内に設置している場合は、適度な換気や保温を行う

タンクの寿命は何年?

エコキュートの中でも、特に交換時期に注意したい部分がタンクです。タンクは、お湯を貯めておく容器で、エコキュートの性能や安全性に大きく関わります。

タンクは、水垢や錆びなどで劣化します。タンクが劣化すると、以下のような問題が起こります。

タンクの劣化で起きる問題

  • お湯の温度が下がる
  • お湯の量が減る
  • お湯が汚れる
  • 水漏れや破裂する

タンクの寿命は、メーカーやモデルによって異なりますが、一般的には10年から15年と言われています。タンクの交換時期は、以下のようなサインに注意して判断しましょう。

注意したいサイン

  • 給湯器から異音や異臭がする
  • 給湯器から水漏れがする
  • 給湯器から警告灯やエラーコードが表示される
  • 給湯器から水垢や錆びが出る

エコキュートのメーカー保証は何年?

エコキュートを購入した場合、メーカー保証が付いています。メーカー保証とは、製品に不具合があった場合に無償で修理や交換を行ってくれるサービスです。

メーカー保証の期間は、メーカーやモデルによって異なりますが、一般的には1年から5年と言われています。メーカー保証期間内であれば、故障や不具合が起こった場合に無料で対応してもらえます。

しかし、メーカー保証期間外であれば、修理や交換に費用がかかります。そのため、メーカー保証期間内に定期点検を受けたり、不具合があれば早めに連絡したりすることが大切です。

エコキュートは長く使える給湯器ですが、劣化や故障を防ぐためにも適切な管理とメンテナンスが必要です。エコキュートの状態や使用状況をチェックして、必要に応じて交換しましょう。

エコキュートの交換時期を知らせるサイン

エコキュートは、長く使用すると劣化します。交換時期を見逃さないために、以下のサインに注意しましょう。

交換時期を知らせるサイン

  • エラーコードが表示される
  • お湯が温まらない
  • 異音がする
  • 水漏れしている
  • 急に水になるときがある
  • お湯張りができない
  • お湯にするまでに時間がかかる

エラーコードが表示される

エコキュートには、故障や異常を知らせるエラーコードが表示される機能があります。エラーコードが表示された場合は、すぐにメーカーに連絡して修理や点検を依頼しましょう。

エラーコードが頻繁に表示されるようになったら、エコキュートの寿命が近づいている可能性があります。

お湯が温まらない

エコキュートは、空気中の熱を利用してお湯を沸かすため、気温が低いときや電力需要が高いときにはお湯が温まりにくくなります。しかし、それ以外のときでもお湯が温まらない場合は、エコキュートの故障や劣化のサインかもしれません。

特に、冬場にお湯が出ないというトラブルは、凍結や破裂の危険性があるため、早めに対処しましょう。

異音がする

エコキュートは、運転中にファンや圧縮機などの音が聞こえることがあります。これは正常な現象ですが、音が大きくなったり、異常な音がしたりする場合は、注意が必要です。

異音の原因としては、ファンや圧縮機の故障、摩耗、配管や部品の緩みやずれなどが考えられます。異音がする場合は、メーカーに連絡して点検を受けましょう。

水漏れしている

エコキュートは、水道水と冷媒という液体を循環させてお湯を沸かします。そのため、水漏れすると水道水や冷媒が漏れ出してしまいます。水漏れの原因としては、配管や部品の劣化や破損、接続部分の緩みやずれなどが考えられるでしょう。

水漏れすると、給湯能力が低下したり、電気代が高くなったりするだけでなく、床や壁などに水害を引き起こしたり、冷媒が漏れると環境に悪影響を及ぼしたりする危険性もあります。水漏れを発見したら、すぐに元栓を閉めてメーカーに連絡しましょう。

急に水になるときがある

エコキュートは、お湯を貯めておくタンク式という仕組みを採用しているものです。そのため、タンク内のお湯が使い切ってしまうと、急に水になってしまいます。これは正常な現象ですが、タンク内のお湯量を確認できる表示器や警告音などがある場合は、それらに注意してお湯の使用量を調節しましょう。

また、急に水になるようになった場合は、タンク内の温度センサーやヒーターなどの故障や劣化の可能性もあります。メーカーに連絡して点検を受けましょう。

お湯張りができない

エコキュートは、一定量以上のお湯を使う場合には予約制御という機能でお湯張りできます。予約制御とは、指定した時間帯に指定した量のお湯を用意する機能です。

しかし、予約制御をしてもお湯張りできない場合は、エコキュートの故障や劣化のサインかもしれません。予約制御できない原因としては、タイマーの故障や設定ミス、圧力スイッチや温度センサーなどの故障や劣化が考えられます。

予約制御できない場合は、メーカーに連絡して点検を受けましょう。

お湯にするまでに時間がかかる

エコキュートは、空気中の熱を利用してお湯を沸かすため、気温や電力需要によってお湯にするまでに時間がかかることがあります。しかし、それ以外の要因でお湯にするまでに時間がかかるようになった場合は、エコキュートの故障や劣化のサインかもしれません。

お湯にするまでに時間がかかる原因としては、圧縮機やヒーターなどの故障や劣化、冷媒量の不足や漏洩などが考えられます。お湯にするまでに時間がかかる場合は、メーカーに連絡して点検を受けましょう。

エコキュートの寿命は一般的に10年から15年程度と言われていますが、使用頻度や使用方法・条件・環境・メンテナンス状況などによって異なります。エコキュートの交換時期を見逃さないためにも、定期的な点検や清掃を行って劣化を防ぎましょう。

エコキュートの買い替えを検討する4つのケース

エコキュート 買い替え 時期

エコキュートは一般的な電気温水器に比べて電気代が約4分の1になると言われていますが、その分初期費用が高くなります。では、どのような場合にエコキュートの買い替えを検討すると良いのでしょうか?

ここでは、エコキュートの買い替えを検討する4つのケースを紹介します。

買い替えを検討する4つのケース

  • 故障してしまった
  • 部品がなくなった
  • 寿命に近い年数が経過している
  • 電気代の削減を検討している

故障してしまった

エコキュートは高度な技術で作られていますが、それゆえに故障すると修理が難しくなる場合があります。特に、圧縮機やヒートポンプなどの主要部品が壊れた場合は、修理費用が高額になる可能性があります。

そのような場合は、修理するよりも新しいエコキュートに買い替えた方が経済的にもメリットがあるかもしれません

また、10年間の期間で考えると、早めに交換することで50,000〜60,000円節約できる可能性がありますので、メリットは非常に多いです。修理を遅らせることによって、修理費に加えて50,000〜60,000円のお金を無駄にしているのと同じことになります。

部品がなくなった

エコキュートは比較的新しい技術ですが、その反面、製造業者やモデルによっては部品の供給が終了してしまう場合があります。部品がなくなってしまうと、故障した時に修理できなくなるだけでなく、定期的な点検やメンテナンスもできなくなる可能性があります。

そのような場合は、部品の供給が確保されている新しいエコキュートに買い替えることを検討しましょう。

寿命に近い年数が経過している

エコキュートの寿命は、一般的に10年から15年と言われています。しかし、使用頻度や使用環境によっては、寿命が早まる場合もあります。寿命に近づくと、故障やトラブルの発生率が高くなったり、性能や効率が低下したりする可能性も捨てきれません。

そのような場合は、寿命を延ばすための修理や交換よりも、新しいエコキュートに買い替えることを検討する方が賢明です。

電気代の削減を検討している

エコキュートは電気温水器に比べて電気代を大幅に削減できますが、それでも給湯器としては電気代の高い家電です。また、エコキュート自体も年々性能や効率が向上しており、古いモデルよりも新しいモデルの方が電気代をさらに節約できる場合があります。

そのような場合は、減価償却を考えてどのくらいお得になるのかシミュレーションすることで、エコキュートの買い替えを検討できます。

交換時期を伸ばすコツはメンテナンス

エコキュートの寿命は、一般的に10年から15年と言われていますが、メンテナンスをしっかり行うことで、交換時期を伸ばせます。メンテナンスには、次のようなポイントがあります。

メンテナンスのポイント

  • 定期的にフィルターの掃除をする
  • 水質が悪い場合は、軟水器やろ過器を取り付ける
  • 電源プラグや配管の状態を確認する
  • 異音や異臭がしたら、すぐに専門業者に連絡する

これらのメンテナンスを行うことで、エコキュートの性能を維持し、故障やトラブルを防げます。エコキュートは、高効率で環境に優しい給湯器ですが、メンテナンスを怠ると、消費電力が増えたり、水漏れや火災の原因になったりする可能性があります。

エコキュートの交換時期を伸ばすためにも、メンテナンスをこまめに行いましょう。

個人で対応できるメンテナンス

メンテナンスには、専門業者に依頼するものと、個人で対応できるものがあります。ここでは、個人で対応できるメンテナンスについて紹介します。

個人で対応できるメンテナンス

  • フィルターの掃除
  • 外部ユニットの周囲の確保
  • 内部ユニットの点検

1. フィルターの掃除

エコキュートは、外気から熱を取り込むためにファンを回しています。その際に、ファンに付着したほこりや花粉などがフィルターに詰まると、熱交換効率が低下し、消費電力が増えたり故障の原因になったりします。

そこで、定期的にフィルターを掃除することが必要です。フィルターはエコキュートの外部ユニットの前面にあるパネルを外すと見えます。フィルターは水洗いができるものが多いため、ぬるま湯で洗って乾かしましょう。

掃除の頻度は、使用環境によって異なりますが、目安としては3か月に1回程度です。

2. 外部ユニットの周囲の確保

エコキュートの外部ユニットは、空気中の熱を取り込むために大量の空気を吸い込みます。そのため、外部ユニットの周囲に物が置かれていたり、植物が生い茂っていたりすると、空気の流れが妨げられて効率が悪くなります。

また、外部ユニットに直接雨や雪が当たると、錆や凍結などのトラブルを引き起こす可能性も捨てきれません。そこで、外部ユニットの周囲は常に空けておくことが大切です。

最低でも50cm以上のスペースを確保しましょう。また、屋根やカバーなどで外部ユニットを保護することもおすすめです。

3. 内部ユニットの点検

エコキュートの内部ユニットは、お湯を貯めたり温度を調節したりする役割を担っています。内部ユニットには水質センサーや温度センサーなどが搭載されており、これらが正常に動作しているかどうかを点検することが重要です。

点検方法は、エコキュートの操作パネルから自己診断機能を使うことで簡単に行えます。自己診断機能はメーカーや機種によって異なりますが、一般的には操作パネルの「設定」や「メニュー」などのボタンから「自己診断」や「点検」などの項目を選択することで実行できます。

点検結果は画面に表示されますが、異常があった場合は速やかに専門業者に連絡しましょう。点検の頻度は、目安としては半年に1回程度です。

交換時期でエコキュートを変えるメリット

エコキュート 交換時期 メリット

新しいエコキュートに変えることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、主に3つのメリットを紹介します。

エコキュートの交換メリット

  • 本体性能の向上
  • 環境対応性の向上
  • 電気代の削減

本体性能の向上

まず、新しいエコキュートに変えることで、本体性能が向上します。エコキュートは、空気中の熱を集めるために、圧縮機という部品を使っている製品です。

圧縮機は、エコキュートの心臓部とも言える重要な部品ですが、長年使っていると摩耗や劣化が進みます。その結果、熱効率が低下したり、騒音が増えたりすることがあります。

また、圧縮機が故障すると、エコキュート全体が動かなくなる可能性もあります。そうなると、修理費用や交換費用が高額になります。新しいエコキュートに変えることで、圧縮機の性能が向上し、熱効率や騒音の問題を解決できるでしょう。

また、新しいエコキュートは、従来のものよりもサイズや重量が小さくなっている場合が多いため、設置場所や工事費用も節約できます。

環境対応性の向上

次に、新しいエコキュートに変えることで、環境への対応性が向上します。エコキュートは、空気中の熱を利用するために、外気温や湿度などの環境条件に影響されます。

特に冬場は、外気温が低くなると、エコキュートの効率が落ちたり、凍結したりすることもあるはずです。しかし、新しいエコキュートは、冬場でも高効率で動作するように設計されています。

たとえば、圧縮機にヒーターを内蔵したり、冷媒を改良したりすることで、低温でも安定して熱を集められます。また、新しいエコキュートは、地域や季節に応じて最適な運転モードを自動的に切り替える機能を備えています。

これにより、無駄な電力消費を抑えつつ、快適な給湯を得られるでしょう。

電気代の削減

最後に、新しいエコキュートに変えることで、電気代を削減できます。エコキュートは電気を使ってお湯を沸かすために、「電力ピークカット」という制度を利用しています。

これは、電力需要が高まる時間帯(朝や夕方など)には電力会社から電気を受け取らず、「蓄熱」という方法でお湯を溜めておく仕組みです。

そして電力需要が低下する時間帯(深夜や昼間など)には電力会社から安い電気を受け取ってお湯を沸かします。このようにして電力会社の負担を軽減する代わりに、「割引料金」という特別な料金プランを適用してもらえます。

しかし、「蓄熱」するためには十分なタンク容量や断熱性能が必要です。

古いエコキュートではタンク容量が小さかったり断熱性能が低かったりする場合があります。その場合、「蓄熱」したお湯が足りなくなったり冷めてしまったりする可能性があるわけです。

そうなると、「追焚」という方法で再びお湯を沸かす必要があります。「追焚」では通常料金で電気を使うため、「割引料金」のメリットが失われてしまうでしょう。

新しいエコキュートではタンク容量や断熱性能が向上しています。そのため、「蓄熱」したお湯を十分に確保し、「追焚」の回数や量を減らせます。「割引料金」のメリットを最大限活用することで電気代を大幅に削減できます。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの交換をおすすめしないケース

エコキュートは、電気代やCO2排出量を削減できるというメリットがありますが、一方で、初期費用やメンテナンス費用が高いというデメリットもあります。では、エコキュートの交換をおすすめしないケースはどのようなものでしょうか?

エコキュートの交換をおすすめしないケース

  • エコキュートの寿命がまだ長い場合
  • エコキュートの設置場所に制限がある場合

エコキュートの寿命がまだ長い場合

エコキュートの寿命は、一般的に10年から15年と言われていますが、使用状況やメンテナンス状況によって異なります。エコキュートの寿命がまだ長い場合は、交換することで得られる省エネ効果や経済効果が少なくなります。

そのため、エコキュートの寿命がまだ長い場合は、交換をおすすめしません

エコキュートの設置場所に制限がある場合

エコキュートは、戸建ての場合、屋外に設置する必要がありますが、屋根や壁に近い場所や雪や風の影響を受けやすい場所や騒音の問題がある場所にも設置できません。

さらに、エコキュートは重量があるため、建物の構造や耐震性にも注意しなければならないでしょう。そのため、エコキュートの設置場所に制限がある場合は、交換をおすすめしません

エコキュートの交換を検討する際には、自分の住宅やライフスタイルにあった給湯器を選ぶことが大切です。

エコキュートの交換時期がきたら相談

エコキュートは一般的に10年から15年程度で寿命を迎えますが、交換時期は使用状況や設置環境によって異なります。交換時期が近づくと、以下のようなトラブルが発生することがあります。

交換時期に起こりやすいトラブル例

  • 給湯量が減る
  • 給湯温度が低下する
  • 給湯音が大きくなる
  • 異臭や水漏れがする
  • 故障や故障表示が頻発する

これらのトラブルが起きた場合は、エコキュートの交換を検討する必要があります。交換を先延ばしにすると、給湯不足や故障による停止など、さらに深刻な問題に直面する可能性があります。

エコキュートの交換費用の目安

エコキュートの交換費用は、機種や容量、工事内容によって異なりますが、一般的には40万円から50万円程度が目安です。

ただし、これはあくまで参考価格であり、実際の費用は見積もりを取って確認する必要があります。見積もりを取る際には、以下の点に注意しましょう。

見積もりの注意点

  • 複数の業者から見積もりを取る
  • 見積もり内容を詳細に確認する
  • 追加料金や割引などの条件を確認する
  • 口コミや評判を参考にする

買い替えキャンペーンがあるとお得

エコキュートの交換費用を抑える方法のひとつとして、買い替えキャンペーンを利用することが挙げられます。買い替えキャンペーンとは、メーカーや電力会社などが行う、旧型のエコキュートを新型に買い替える際に特典や割引を提供するサービスです。

たとえば、以下のようなキャンペーンがあります。

キャンペーンの例

  • 旧型のエコキュートを無料で引き取ってくれる
  • 新型のエコキュートにポイントやクーポンを付与してくれる
  • 新型のエコキュートの価格や工事費を割り引いてくれる

買い替えキャンペーンは期間限定や対象機種限定などの条件があることが多いため、事前に確認しておきましょう。また、買い替えキャンペーンだけでなく、国や自治体からの補助金や助成金も利用できる場合があります。

これらの制度も併せて調べてみると、さらにお得にエコキュートの交換ができるかもしれません。

【関連記事】【初心者向け】エコキュートの交換方法を徹底解説!安全な取り替え方と費用は?

エコキュートの交換時期に関するFAQ

エコキュートの交換時期に関するよくある質問と回答をまとめました。

交換時期に関するFAQ

  • エコキュートが壊れる前兆は?
  • エコキュートの電気代はいくら?
  • オール電化のエコキュートの寿命は?
  • エコキュートが壊れた時風呂はどうする?

エコキュートが壊れる前兆は?

エコキュートが壊れる前兆として、以下のような症状があれば注意が必要です。

エコキュートが壊れる前兆

  • 給湯量が減る
  • 給湯温度が低下する
  • 給湯音が大きくなる
  • 異臭や異音がする
  • 水漏れや水垢が発生する
  • 電気代が急激に増える

これらの症状が出た場合は、早めにメーカーや販売店に連絡して点検や修理を依頼しましょう。放置しておくと、エコキュートの性能が低下したり、故障の原因となったりします。

エコキュートの電気代はいくら?

エコキュートの電気代は、使用量や設定温度、電力会社やプランによって異なります。一般的には、エコキュートはガス給湯器よりも電気代が安いと言われています。

しかし、エコキュートは夜間に安い電気料金でお湯を沸かして貯めておき、昼間に使用する仕組みです。そのため、昼間にお湯を使いすぎると、高い電気料金で追加でお湯を沸かす必要があります。

また、冬場は空気中の熱が少なくなるため、エコキュートの効率が低下し、電気代が増えます。

エコキュートの電気代を節約するには、以下のような方法があります。

エコキュートの電気代を節約する方法

  • お湯の使用量を減らす
  • 設定温度を下げる
  • 太陽光発電や蓄電池と併用する
  • 電力会社やプランを見直す

オール電化のエコキュートの寿命は?

オール電化のエコキュートの寿命は、メーカーや機種によって異なりますが、平均的には約15年程度と言われています。ただし、使用状況やメンテナンスによっても寿命は変わります

定期的に点検や清掃を行うことで、エコキュートの寿命を延ばせます。エコキュートの交換時期は、以下のような基準で判断できます。

交換時期の判断基準

  • 故障や不具合が頻発する
  • 修理費用が高額になる
  • 電気代や水道代が増える
  • 性能や機能が古くなる
  • 補助金や割引制度がある

エコキュートが壊れた時風呂はどうする?

エコキュートが壊れた時風呂はどうするかという問題ですが、以下のような対処法があります。

お風呂が使えないときの対処法

  • 近所の銭湯やスーパー銭湯に行く
  • 友人や親戚の家でお風呂を借りる
  • ホテルやビジネスホテルに泊まる
  • ポットやケトルでお湯を沸かしてシャワーを浴びる
  • 湯沸かしポットやカセットコンロでお湯を沸かして桶で洗う
  • エコキュートをレンタルし、一時的に交換する

いずれにしても、エコキュートが壊れたら早急に修理や交換を行うことが重要です。長期間放置すると、水漏れや火災などの危険性もあります。

また、補助金や割引制度を利用することで、交換費用を抑えることもできます。

まとめ

この記事では、エコキュートの交換時期について説明しました。エコキュートの寿命は一般的に10年から15年と言われていますが、使用状況やメンテナンス状況によって異なります

エコキュートの交換時期を見逃さないために、定期的な点検や清掃を行って劣化を防ぐことが重要です。

また、エコキュートの交換費用は機種や容量、工事内容によって異なりますが、一般的には30万円から50万円程度が目安です。エコキュートの交換時期が来たら、早めに相談して対処しましょう。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

カテゴリー