無料でのお見積承ります!
0120-334-880 受付時間:平日 9:00~17:00
お問い合わせ 時間外の方はこちら
お問い合わせ 時間外の方はこちら

【初心者向け】エコキュートの交換方法を徹底解説!安全な取り替え方と費用は?

エコキュート

「エコキュートの交換を考えているけど、どうやって選べばいいのか分からない」「エコキュートの交換にはどの程度の費用がかかるのか知りたい」など、エコキュートの交換に関する疑問を持っていませんか?

寿命が近づいたエコキュートを使っていると、お湯の温度が低下したり、消費電力が増えたりすることがあります。また、DIYで交換しようとすると、水漏れや漏電などのリスクもあるでしょう。

本記事では、エコキュートの交換に関する基本的な知識や、交換方法、費用の目安などを紹介します。エコキュートの交換を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートとは

エコキュートは、効率的にお湯を沸かすために、空気の熱を利用する貯湯式の高効率給湯器です。従来のガス給湯に比べてCO2排出量が少なく、エネルギー効率も高いため、環境にも経済にも優しいとされています。

また、電気代を削減しながら環境に優しい方法でお湯を使うことができるため、現代の家庭には欠かせないものとなっています。

一方で、設置費用が高いことや、大容量のお湯を必要とする場合には限界があることなどの課題もあります。

エコキュートと電気給湯器の違い

エコキュートと電気給湯器は、どちらも電気を使ってお湯を沸かす機器ですが、その仕組みや性能に違いがあります。

項目エコキュート電気給湯器
原理空気から熱を取り込みお湯を沸かす電気で直接お湯を沸かす
電気代安い高い
効率良い悪い
設置場所室外機とタンクが必要タンクのみ
設置費用高い安い
寿命長い短い

エコキュートは、タンクと室外機に分かれております。室外機に充填されている空気(二酸化炭素)の圧縮した熱を利用してお湯を沸かすため、電気代が1/3に安くなり、効率もよくお湯が溜まるまでがかなり早いです。また、温水を貯めるタンクがあるため、一度に大量のお湯を使用する場合でも安定した温度で供給できます。

一方、電気給湯器は、電気を直接加熱してお湯を沸かします。エコキュートに比べて効率が悪く、お湯が溜まるのが若干遅めですが、タンク単体設置なので設置費用は若干安いです。

【ポイント】

電気給湯器は、一度に沸かせるお湯の量が少なく、お湯になるまでの時間が長いので、電気代が高くなります。よって、長期でみるとエコキュートに軍配が上がるような気がします。ただ、実際にどちらが適しているかは、家庭のお湯の使用量や設置場所、電気設備状況、予算などによって異なります。専門家に相談して、適切な機器を選ぶことが大切です。

エコキュートの交換はどこに頼むべき?

エコキュートの交換を行うには、専門の業者に依頼することが一般的です。具体的には、電気工事士や給湯器の販売店などが対応します。また、購入したメーカーに問い合わせることで保証を受けながら修理・交換に対応してもらえることもあるでしょう。

交換作業は専門の知識と技術が必要なため、自分で行うことはおすすめできません。加えて、交換にかかる費用は業者によって異なるため、複数の業者から見積もりを取ることがおすすめです。

なお、交換前には現在使用しているエコキュートの型式やサイズ、設置場所などを確認しておくとスムーズに伝えられます。

【関連記事】エコキュートの交換の見積もりはどこに頼む?失敗しない依頼先の選定ポイント

エコキュートの交換はDIYできる?

エコキュートの交換は、一般的にはDIYできないとされています。なぜなら、エコキュートは高圧電力を扱うため、専門的な知識や技術、資格が必要であるからです。おもに、給水装置工事主任技術者と第二種電気工事士が必要な資格となります。

また、エコキュートは水回りの設備であるため、水漏れや漏電などのリスクもあります。そのため、交換作業は専門業者に依頼することが望ましいです。

ただし、DIY派の方であれば専門書やネット上の情報を参考に、自己責任で交換作業を行うことも可能ですが、DIYで行う場合は自己責任を持って行い、専門業者に依頼する場合は、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

エコキュートの交換時期の目安

一般的に、エコキュートの寿命は13〜15年程度と言われています。しかし、使用状況やメーカーによっても異なるため、定期的な点検が必要です。また、故障が発生した場合は早めの交換が必要です。

交換時期の目安としては、以下のようなポイントが挙げられます。

交換時期の目安

  • 温度が低くなった
  • お湯が出にくくなった
  • エコキュートの消費電力が増えた
  • 異音が発生するようになった
  • エコキュートの保証期間が切れた
  • 常に水漏れしていてカビが生えている
  • 電源が勝手に落ちる
  • お湯が出ないのにエラーが出ない
  • 13年越えていて故障している

交換時期が近づいた場合は、早めに専門業者に相談しましょう。また、交換時にはエコキュートの種類や設置場所によって、費用や工期が異なるため、事前に確認することが大切です。

【関連記事】エコキュートの交換時期の目安は?交換サインと買い換えるメリット

エコキュートの交換方法

エコキュートの交換方法は、専門家に依頼するのが一般的です。具体的な交換方法の例は、以下のとおりです。

エコキュートの交換方法

  1. エコキュートの電源を切る
  2. タンクの水を抜く
  3. 配管を外す
  4. 配線を外す
  5. 古いエコキュートを取り外す
  6. 新しいエコキュートを設置する
  7. 配線を接続する
  8. 配管を接続する
  9. 電源を入れて動作確認を行う
  10. 使い方の説明をする

ここからは、パーツ別に交換方法と費用の例を紹介します。

【関連記事】エコキュートの交換方法|タイミングとポイント

エコキュートの配管を交換する方法や費用

エコキュートの配管を交換する方法の例は、以下のとおりです。

エコキュートの配管を交換する方法

  1. 必要な材料をそろえる(銅管、もしくは、アルミ三層管等)
  2. 電源を切る
  3. 水栓を止め、圧力を抜く
  4. 配管を外す
  5. 新しい配管を取り付ける
  6. 給水し、満タンにする
  7. 漏れチェックをする
  8. エア抜きをする
  9. 電源を入れる
  10. 動作確認をする
  11. 作業完了

配管の交換費用については、業者によって異なりますが、一般的は6〜9万円程度、マンションは9〜12万程度が相場となっています。ただし、配管の長さや形状、材料、交換に必要な工事内容によって費用は変わってきます。

【ポイント】
新規・入替交換の際は、 必ず、配管保障の有無の確認をしてください。後で高くつくことになります。良心的な業者には、必ず、配管保障がついています。

【関連記事】エコキュートの配管交換工事とは?水漏れや経年劣化への対応にかかる費用

エコキュートのリモコンを交換する方法や費用

エコキュートのリモコンを交換する方法は、以下のとおりです。

エコキュートのリモコンを交換する方法

  1. エコキュートの電源を切る
  2. 既存のリモコンを取り外す
  3. 新しいリモコンを取り付ける
  4. 配線を接続する
  5. 電源を入れて動作確認を行う

業者に依頼する場合、交換費用はリモコンの種類や業者によって異なりますが、一般的には5〜6万円前後が相場となっています。

また、リモコン交換には、既存のリモコンと同じ種類のものを選ぶ必要があります。リモコンの種類によっては、交換ができない場合もあるため、事前に確認することが大切です。

【関連記事】エコキュートのリモコン交換はどうする?故障・修理の対応を解説

エコキュートの基盤を交換する方法や費用

エコキュートの基盤交換の方法ですが、基盤はエコキュートの内部にあるため、専門知識が必要です。基本的な方法は、以下のとおりです。

基本的な方法

  1. 電源を切る
  2. エコキュートのカバーを取り外す
  3. 基盤を固定しているネジを外す
  4. 基盤を取り外す
  5. 新しい基盤を取り付ける
  6. ネジを締める
  7. カバーを取り付ける
  8. 電源を入れる
  9. 基盤の動作確認を行う

安全性に配慮し、基盤交換はメーカーまたは販売店に依頼することをおすすめします。また、基盤交換にはエコキュートの種類や年式によって異なるため、事前に確認が必要なことも理由です。

基盤交換の費用についてですが、交換する基盤の種類や年式によって異なります。一般的に、最新のエコキュートであれば、基盤交換費用は10万円程度が相場です。

しかし、年式が古くなると部品の入手が困難になり、費用が高くなる場合があります。

【関連記事】エコキュートの基盤交換とは?費用とポイントを解説

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの給湯混合弁を交換する方法や費用

エコキュートの給湯混合弁は、エコキュートの性能に大きく影響する部品です。劣化している場合は、給湯水の温度が低下したり、不安定になったりすることがあります。

給湯混合弁の交換は、大まかに以下の手順で行われます。

給湯混合弁を交換する方法

  1. エコキュートの電源を切る
  2. 水道の栓を閉める
  3. エコキュートのカバーを外す
  4. 給湯混合弁を取り外す
  5. 新しい給湯混合弁を取り付ける
  6. 動作確認を行う
  7. カバーを取り付ける

ただし、交換作業はエコキュートの内部にアクセスする必要があるため、自分で行うことは難しいでしょう。業者によって費用は異なりますが、平均的な費用は3〜4万円程度です。

【関連記事】エコキュートの給湯混合弁の交換とは?費用や手順を解説

エコキュート内の配管を交換する方法や費用

エコキュートのホースを交換する方法は、以下のとおりです。

ホースを交換する方法

  1. 電源を切る
  2. 水道の栓を閉める
  3. エコキュートの前面パネルを外す
  4. ホースクランプを外す
  5. 古い配管を取り外す
  6. 新しい配管を取り付ける
  7. ホースクランプをはめる
  8. エコキュートの前面パネルを取り付ける
  9. 水道の栓を開け、水漏れがないことを確認する
  10. 電源を入れ、エコキュートが正常に動作していることを確認する

自分で交換する場合、取り外しや取り付けの方法がわからず、破損や漏水などのリスクがあることは覚えておきましょう

ホース交換の費用は、業者によって異なりますが、平均的な相場は5〜8万円程度です。ただし、交換するホースの長さや種類によっては、費用が変わる場合があります。

また、ホース交換のタイミングは、ホースの劣化具合や年数によって異なりますが、一般的には10年~15年程度で交換が必要となります。

【関連記事】エコキュートのホース交換って必要なの? 交換時期や費用を詳しく解説

電気給湯器からエコキュートの交換を申請する方法

電気給湯器からエコキュートに交換を希望する場合は、電力会社に申し込みを行う必要があります。申し込み方法は、電力会社のホームページやお客様センターにて確認できます。

申し込みに必要な書類としては、既存のエコキュートの型式や設置場所、交換希望の理由などを記載した「交換申請書」が必要となります。また、エコキュートの交換には費用がかかる場合があるため、事前に確認を行うことが大切です。

交換作業には、専門の業者が対応する場合が多く、作業時間は数時間から半日程度かかることがあります。交換作業が終了したら、新しいエコキュートの動作確認が行われ、問題がなければ完了となります。

工事後、電力会社から点検員が派遣され、現在のエコキュートの状態や設置場所などを確認します。

【関連記事】エコキュート交換の電力申請とは?必要なケースや方法を解説

エコキュートの交換にかかる費用の目安

エコキュートの交換費用
新しい機種に交換30万円~40万円
同じ機種に交換10万円~15万円

エコキュートの交換には、新しい機種に交換する場合と同じ機種に交換する場合があります。新しい機種に交換する場合は、設置場所や機能によって価格が異なりますが、一般的には30万円から40万円程度が相場とされています。

同じ機種に交換する場合においても、取外し費用や設置費用、処分費用が加算されますが、10〜15万円程度が目安です。また、交換に伴い配管や配線の修正が必要な場合は、それにかかる費用も加算されます。

交換にかかる費用は業者によって異なるため、複数の業者から見積もりを取ることが大切です。また、交換前にエコキュートの状態や使用年数によっては、修理やメンテナンスで対応できる場合もあるため、業者に相談することもおすすめです。

【関連記事】エコキュートの交換費用はどのくらい?相場やお得な交換方法を紹介

エコキュートの交換に補助金はある?

エコキュートの交換費用は高額で、一般家庭にとっては負担が大きいものとなっています。そこで、国や自治体からの補助金制度が存在します。

例えば、2023年の補正予算案によると、経済産業省が家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金として「高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金」という名前でエコキュートの補助金を出すことが決まりました。

この補助金は「こどもエコすまい支援事業」という名前で、以下の3つの内容が含まれます。

エコキュートの交換に使える補助金

  • ヒートポンプ給湯器(エコキュート):1台あたり5万円
  • 家庭用燃料電池(エネファーム):1台あたり15万円
  • ハイブリッド給湯器:1台あたり5万円

この補助金を受けることで、家庭の省エネルギー化が促進され、エコロジーな生活がより身近なものになることが期待されます。

エコキュート補助金の対象者は、以下のとおりです。

項目内容
申請期間2023年3月下旬〜2023年12月31日
契約期間2022年11月8日〜2023年12月31日
予算300億円
対象者一戸建てもしくは共同住宅にお住まいの方
対象工事指定事業者によるエコキュートの販売と設置
対象機種JIS規格の年間給湯保温効率が2025年度の目標数値以上に達している機種
重複申請不可こどもみらい住宅支援事業、こどもエコすまい支援事業、地域型住宅グリーン化事業、LCCM住宅整備推進事業、次世代ZEH+実証事業、超高層ZEH-M実証事業、ZEH等(ZEH+含む)支援事業、低層ZEH-M支援事業、中高層ZEH-M支援事業

エコキュートの補助金の申請はいつまで?

エコキュートの補助金について、申請期限は2023年3月下旬〜2023年12月31日までとなっています。つまり、この日までに申請を完了しなければ補助金を受け取ることができないことと、補正予算がなくなり次第、終了となります。

ただし、申請にはいくつかの条件がありますので、事前に確認しておくことが重要です。例えば、補助金の対象となるエコキュートの種類や、設置場所、設置業者などが挙げられます。

申請方法については、各自治体のホームページや担当窓口にて確認できます。補助金を受け取ることで、省エネ効果の高いエコキュートの導入がより身近なものとなり、家計の節約にもつながることでしょう。

【関連記事】【初心者向け】エコキュート交換(買い替え)の補助金をわかりやすく解説

エコキュートの交換で安いのはどこ?

エコキュートの交換を考えている方にとって、価格は大きなポイントの一つです。安い業者を選びたいと思うかもしれませんが、安さだけに惑わされずに、信頼できる業者を選ぶことが大切です。設置した後のことも考えて、工事内容・保障内容を確認して、業者選びをすると見分けやすいです。

まずは、複数の業者から見積もりを取り、価格を比較することが重要です。また、業者選びのポイントとしては施工実績や口コミのチェックもおすすめです。さらに、エコキュートの交換には補助金がある場合がありますので、補助金を活用することで、費用を抑えることもできます。

安いだけでなく信頼できる業者を選び、補助金を活用することで、エコキュートの交換費用を抑えることができます。

エコキュートの交換で安い業者を探すポイントと具体例については、下記ページをご覧ください。

【関連記事】エコキュートの交換は安いだけで選ばない|理由と業者の選び方

エコキュートの交換工事の手順

エコキュートの交換工事は、専門知識を持つ業者に依頼することが望ましいです。交換工事には以下の手順があります。

交換工事の手順

  1. 古いエコキュートを取り外す
  2. 取り外したエコキュートを適切に処分する
  3. 設置場所の寸法を確認する
  4. 水道や電気の配線を確認する
  5. 配管を確認する
  6. 周辺の環境を確認し、必要に応じて防音材を設置する
  7. エコキュートの取り扱い説明書を読む
  8. 配管や配線を丁寧に接続する
  9. 新しいエコキュートが正常に動作していることを確認する
  10. 業者から取り扱い方法やメンテナンス方法について説明を受ける

詳しくは、下記ページをご覧ください。

【関連記事】エコキュートの交換工事の内容や流れ・注意点【初心者向け】

エコキュートの交換工事費

エコキュートの交換工事費の相場は、エコキュート本体の価格や設置場所、交換する際に必要な工事内容によって異なります。一般的には、40〜50万円程度が相場とされています。

交換工事に必要な費用は、エコキュート本体の価格の他に、既存の配管や電気配線の変更、設置場所の改修、解体・撤去費用などがあります。これらの費用は、交換工事業者によって異なるため、複数の業者から見積もりを取ることが大切です。

また、エコキュートの交換工事には、補助金や助成金がある場合があります。自治体や国の制度によって異なるため、事前に確認しておくことが必要です。

【関連記事】エコキュートの交換工事費の相場目安|費用を抑えるコツとは?

エコキュートの交換前日には水抜きが必要

エコキュートの交換を行う前日には、必ず水抜きを行うことが重要です。古いエコキュート内に残った水があると、新しいエコキュートの性能に影響を与える可能性があります。また、古いエコキュート内に水が残っていると、交換作業中に水漏れの原因になることもあります。交換前日に水抜きを行うことで、交換作業をスムーズかつ安全に行うことができます。

エコキュートの交換に関するQ&A

エコキュートの交換に関するQ&Aへ、まとめて回答します。

エコキュートの交換に関するQ&A

  • エコキュートの交換に必要な見積もりは?
  • エコキュートの交換業者(メーカー)でおすすめは?
  • エコキュートの寿命は何年ですか?
  • エコキュートの総費用はいくらですか?
  • エコキュートは本当にお得ですか?

エコキュートの交換に必要な見積もりは?

エコキュートの交換に必要な見積もりは、新しいエコキュートを購入するのと同様に、安全な取り付けを行うために必要な作業量と材料などを計算したものです。

また、新しいエコキュートを購入する場合とは異なり、古いエコキュートの引き渡し費用も含まれます。

【関連記事】エコキュートの交換の見積もりはどこに頼む?失敗しない依頼先の選定ポイント

エコキュートの交換業者(メーカー)でおすすめは?

エコキュートの交換業者として、信頼できるメーカーをおすすめします。評判の良いメーカーは、安全な取り付けを行うための専門知識や技術を備えており、また、品質の高い製品を提供しています。

【関連記事】エコキュート交換業者のおすすめは?プロが教える業者の選び方と注意点

エコキュートの寿命は何年ですか?

エコキュートの寿命は、製造時期や使用状況などによって異なりますが、通常は13〜15年程度となります。

エコキュートの総費用はいくらですか?

エコキュートの総費用は、購入価格、取り付け費用、保守費用などを含めたものです。購入価格は、機種やメーカーによって異なりますが、一般的には40〜50万円程度となります。

エコキュートは本当にお得ですか?

エコキュートは、購入価格と取り付け費用を含めた総費用を考慮すると、比較的安価なものです。また、エネルギー効率が高く、寿命が長いという利点があります。プロパンガス・都市ガス・電気温水器を使用している方でしたら、かなりメリットがあると思います。

まとめ

今回は、エコキュートの交換にかかる費用や補助金、交換工事の手順などについて解説しました。エコキュートの交換は、省エネ効果が高く、長期的に見てもコスト面でメリットがあるものです。

しかし、高額な費用がかかるため、複数の業者から見積もりを取り、補助金制度を利用することが大切です。また、交換前には必ず水抜きを行い、交換作業をスムーズかつ安全に行いましょう。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

カテゴリー