無料でのお見積承ります!
0120-334-880 受付時間:平日 9:00~17:00
お問い合わせ 時間外の方はこちら
お問い合わせ 時間外の方はこちら

エコキュートの交換工事費の相場目安|費用を抑えるコツとは?

エコキュート

エコキュートは長持ちする給湯器ですが、10年ほど経つと、故障することがあります。また、省エネ性能も向上しているため、エコキュートを交換したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

エコキュートの交換を検討している方は、交換にかかる費用が気になるところです。エコキュートの交換工事にかかる費用は、エコキュート本体の価格、工事費、設置場所などによって異なります。

本記事では、エコキュートの交換工事にかかる費用について解説します。本記事を読んでいただくことで、エコキュートの交換工事にかかる費用について理解を深められ、よりお得にエコキュートを交換できるでしょう。

※本記事で紹介する価格は当社ユニテックでの目安であり、厳密には業者・状況などによって異なるため、一概に「〇〇万円」と固定できるものではありません。複数の見積もりで納得できる金額と、技術を持った専門業者への依頼をおすすめします。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの交換工事費の相場目安

エコキュートの交換にかかる費用相場は、10〜20万円です。この金額には、基礎工事や電気工事を含めた標準工事が含まれます。追加工事が必要な場合は、5〜15万円程度かかります。

追加工事には、配管の延長工事や足場設置工事、ガス給湯器の撤去工事などが含まれます。エコキュートの交換を検討する際には、これらの費用も考慮に入れましょう。

工事費の内訳の例

エコキュート工事費の内訳は、以下のとおりです。

工事項目費用主な内訳
基礎工事3~5万円設置場所の土質や地盤
配管工事3~6万円配管の長さや設置場所
電気工事3~6万円配線の長さや設置場所
追加工事費配管の長さ:1mあたり1万円〜 など足場代、配管代、諸経費
設置場所の条件高台置き型の場合は5~7万円その他特殊の場合も5~7万円

エコキュートの工事費は、設置場所や条件によって大きく異なります。複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

エコキュートの交換工事でかかる追加費用の相場の目安

工事費 内訳 例

エコキュートの交換工事でかかる追加費用の相場目安を下記にわけて解説します。

交換工事でかかる追加費用の相場の目安

  • 配送諸経費
  • 基礎工事費
  • 電源線接続工事費
  • 脚部カバー&リモコン取り付け費
  • 貯湯ユニットとヒートポンプの設置費
  • オイルタンクの移設費
  • 凍結防止ヒーターの設置費
  • 既存機器の撤去・処分費
  • 試運転・調整費
  • 電力会社への申請費
  • 補助金の申請費

ここからは、それぞれを解説します。

配送諸経費

エコキュートの交換工事には、エコキュートを搬送するための費用として、数千円から数万円程度の配送諸経費がかかります。一般的には、エコキュートのサイズが大きいほど、配送諸経費が高くなります。

また、エコキュートのサイズや設置場所によっても上下します。エコキュートを通常の搬入が困難な場所に設置する場合、ユニック車などの特殊な搬送機器が必要になるため、配送諸経費が高くなることもあるので覚えておきましょう。

基礎工事費

基礎工事とは、エコキュートを設置するために必要な土台をつくることであり、費用は2〜4万円が相場です。一般的には、エコキュートのサイズが大きいほど、基礎工事費用も高くなります。また、設置場所が傾斜地や軟弱地などの場合は、基礎工事費用がさらに高くなることがあります。

電源線接続工事費

エコキュートの交換工事では、本体価格の他に追加費用がかかります。追加費用には、電源線接続工事費、分電盤の交換工事費、幹線張り替え工事費、ブレーカー工事費、配線工事費などがあります。

電源線接続工事費

  • 電源線接続工事費:30,000~50,000円
  • 分電盤の交換:6~
  • 幹線張り替え工事:6~

エコキュートの交換工事を行う際には、これらの追加費用を考慮しておきましょう。

脚部カバー&リモコン取り付け費

「脚部カバー&リモコン取り付け費」も追加費用として挙げられます。

脚部カバーは、エコキュートの設置場所の周りに設置するカバーです。エコキュートの見た目を良くしたり、汚れや傷から守ったりする役割があります。

リモコンは、エコキュートの操作を行うための機器です。

これら脚部カバーとリモコンは、エコキュートの標準工事には含まれていないため、別途費用がかかります。

脚部カバー&リモコン取り付け費

  • 脚部カバーの相場:3,000~14,000円
  • リモコン取り付けの相場:1~5万円

エコキュートの交換工事を検討している場合は、脚部カバーとリモコンの費用も考慮に入れましょう。

貯湯ユニットとヒートポンプの設置費

エコキュートの交換工事でかかる追加費用の相場目安は、貯湯ユニットとヒートポンプの設置費で、10〜20万円程度です。

貯湯ユニットとは、お湯を貯めておくタンクのことで、ヒートポンプとは、お湯をつくるための熱源となる機器です。これらの機器は、エコキュートの本体価格に含まれていないため、別途費用がかかります。

オイルタンクの移設費

オイルタンクの移設費は、タンクのサイズや重さ、設置場所などによって異なります。一般的には、1〜2万円程度です。

オイルタンクのサイズが小さく、設置場所が近くにある場合は、1万円程度で移設できる可能性があります。一方、オイルタンクのサイズが大きく、設置場所が遠くに離れている場合は、2万円以上かかる可能性があります。

凍結防止ヒーターの設置費

エコキュートの交換工事では、凍結防止ヒーターの設置が必要な場合があります。凍結防止ヒーターの設置費は、設置場所や配管の長さなどによって異なりますが、一般的には1〜5万円程度です。

ただし、配管の長さが長い場合や、設置場所が寒冷地である場合などは、凍結防止ヒーターの設置費が高くなる場合があります。

既存機器の撤去・処分費

エコキュートの交換工事では、既存の機器を撤去・処分する費用がかかります。この費用は、機器の大きさや設置場所によって異なりますが、一般的に1万円程度です。

既存機器の撤去・処分費は、エコキュートの交換工事の総費用に占める割合は小さいですが、忘れずに計算しておきましょう。

試運転・調整費

試運転・調整費は、エコキュートの性能を十分に発揮させるために必要なもので、一般的に3,000円から5,000円程度かかります。試運転・調整費の例としては、以下のものがあります。

試運転・調整費の例

  • 機器の問題がないか確認
  • 必要に応じた調整
  • エコキュートの操作方法の説明
  • エコキュートのメンテナンス方法の説明

試運転・調整費は、エコキュートの交換工事にかかる費用に含まれていない場合があります。そのため、試運転・調整費がかかるかは、事前に設置業者に確認することをおすすめします。

電力会社への申請費

エコキュートの交換工事では、電力会社への申請が必要な場合があります。この場合、申請を代行してもらう際には、2〜4万円程度の費用がかかります。

電力会社への申請費用は、エコキュートの設置場所や電力会社によって異なります。また、申請を代行する業者によっても費用が異なるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

補助金の申請費

エコキュートの交換工事では、補助金の申請手数料が追加でかかる場合があります。補助金の申請手数料は、申請する補助金の種類や自治体によって異なりますが、一般的に数千円〜数万円程度です。

エコキュートの交換工事を検討している方は、補助金の申請手数料も考慮して、総費用を計算しておくとよいでしょう。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの交換工事にかかる費用の注意点

エコキュートの交換工事にかかる費用は、以下の要素によって異なります。

交換工事にかかる費用の注意点

  • サイズ
  • 設置場所
  • 種類
  • メーカー
  • 工事内容

一般的に、エコキュートのサイズが大きいほど、交換工事費用は高くなります。また、エコキュートの設置場所が狭い場合や、エコキュートの種類やメーカーが特殊な場合も、交換工事費用が高くなる可能性があります。

また、エコキュートの交換工事にかかる費用は、当日でなければ追加費用が発生する可能性があるので注意が必要です。場合によっては実際に現地に赴かないと金額を出せないこともあるため、事前に確認しておきましょう。

エコキュートの交換工事にかかる費用を抑えるコツ

交換工事 費用 抑える コツ

エコキュートの交換工事にかかる費用を抑えるコツは、以下のとおりです。

コツ説明
エコキュート本体を安く購入するメーカーや型番によって価格が異なるため、できるだけ安いエコキュート本体を購入する
自社施工を行っている業者を選ぶ中間マージンを削減できるため、費用を抑えられる
複数社から見積もりを取る相場を把握し、より安い業者を見つけられる
既存の配管を利用して工事を行う配管工事費用を抑えられる

これらのコツを参考にすることで、エコキュートの交換工事にかかる費用を抑えられます。

修理も検討する

エコキュートの交換と修理は、どちらも費用がかかりますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

交換のメリットは、最新の機種に買い替えることで、省エネ性能が向上し、ランニングコストを削減できることです。また、故障のリスクを軽減できることもメリットです。

修理のメリットは、費用を抑えられることや、すぐに使用を再開できることです。しかし、修理を繰り返すと、費用がかさんでしまうこともあります。また、修理をしても、またすぐに故障してしまう可能性もあります。

どちらを選択するかは、ご家庭の状況によって異なります。費用を抑えたい場合は修理を検討して相談、省エネ性能を重視したい場合は交換を検討するとよいでしょう。

エコキュートの交換にかかる工事費込みの金額の目安

エコキュートの交換にかかる工事費込みの金額の目安は、下記のとおりです。

交換元交換先交換費用(工事費込み)
エコキュートエコキュート
(メーカー問わず)
50~80万円程度
一般地用は、50~60万円程度
マンション専用は70~80万円程度
電気温水器エコキュート
(メーカー問わず)
40~50万円程度
電力会社への申請費用、電気工事等での追加
費用がかかる(5~10万円程度)
ガス給湯器エコキュート
(メーカー問わず)
60~100万円程度
基礎・電気・ガス等の工事の追加がある。電力会社への申請もある(20~30万円程度)

【関連記事】【初心者向け】エコキュートの交換方法を徹底解説!安全な取り替え方と費用は?

エコキュートの交換工事費に関するFAQ

エコキュートの交換工事費に関するFAQへ回答します。

交換工事費に関するFAQ

  • エコキュートの交換工事はどこに頼む?
  • エコキュートの取替え工事費用はいくらですか?
  • エコキュートの基礎工事費用はいくらですか?
  • エコキュートの撤去費用はいくらですか?

エコキュートの交換工事はどこに頼む?

エコキュートの交換工事は、エコキュート専門業者に頼むのが一般的です。エコキュート専門業者には、エコキュートの取り付けや修理の経験が豊富なため、安心して任せられます。

また、エコキュート専門業者の中には、エコキュート本体と工事費をセットで販売しているところもあります。そのため、エコキュート本体と工事費を別々に探す手間が省け、お得にエコキュートを交換できます。

エコキュートの取替え工事費用はいくらですか?

エコキュートの取替え工事費用は、エコキュート本体の価格、工事費、設置場所などによって異なります。エコキュート本体の価格は、メーカーや機能によって異なりますが、25万円から30万円程度が相場です。

エコキュートの基礎工事費用はいくらですか?

エコキュートの基礎工事費用は、設置場所の土質や地盤の状態によって異なります。一般的には、3万円から5万円程度が相場です。ただし、土質が軟らかい場合や地盤が弱い場合などは、基礎工事費用が高くなることがあります。

エコキュートの撤去費用はいくらですか?

エコキュートの撤去費用は、エコキュートの本体の大きさや設置場所によって異なります。一般的には、3万円から6万円程度が相場です。ただし、エコキュートの本体が大きい場合や設置場所が離れている場合などは、撤去費用が高くなることがあります。

まとめ

エコキュートの交換工事費は、エコキュートのサイズ、設置場所、工事内容などによって異なります。一般的な目安は、10万円から20万円程度ですが、設置場所や工事内容によっては、それ以上の費用がかかることもあります。

エコキュートの交換工事費を抑えるためには、複数の業者から見積もりを取ったり、自社施工の業者を選んだり、既存の配管を利用して工事を行うなどの方法があります。エコキュートの交換を検討した際には、これらの費用を参考に、予算を立ててみてください。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

カテゴリー