無料でのお見積承ります!
0120-334-880 受付時間:平日 9:00~17:00
お問い合わせ 時間外の方はこちら
お問い合わせ 時間外の方はこちら

エコキュートの交換費用はどのくらい?相場やお得な交換方法を紹介

エコキュート

「エコキュートの交換費用って、どのくらいかかるんだろう?」「一体、どうやって抑えることができるの?」このようにエコキュートの交換費用について調べている方、多いのではないでしょうか。

本記事では、エコキュートの交換費用について、メーカーや設置場所などによる相場や、費用を抑える方法を詳しく解説します。エコキュートの故障や寿命が来たとき的確に判断し、費用を抑えたエコロジーな選択を実現できるよう参考にしてください。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュート機器全体(工事費込み)の交換費用の相場

交換費用 相場

エコキュート機器全体(工事費込み)の交換費用の相場は、機器の種類や設置場所、工事内容などによって異なります。一般的には、エコキュート本体の費用が30万円から40万円程度、工事費用が10万円から20万円程度、撤去や処分費用が数万円程度となっています。

メーカー名交換費用(工事費込み)
コロナ50万円から80万円程度
長府製作所50万円から60万円程度
ダイキン50万円から60万円程度
日立50万円から60万円程度
東芝50万円から60万円程度
三菱50万円から80万円程度
パナソニック50万円から70万円程度

また、エコキュートの交換にかかる費用相場は、交換前の機器によって異なります。一般的には、エコキュートからの交換が最も安価で、電気温水器、そしてガス給湯器の順で高額です。

交換元交換先交換費用(工事費込み)
エコキュートエコキュート
(メーカー問わず)
50万円~80万円程度
一般地用は、50~60万円程度
マンション専用は70~80万円程度
電気温水器エコキュート
(メーカー問わず)
40万円~50万円程度
電力会社への申請費用、電気工事等での追加
費用がかかる(5~10万円程度)
ガス給湯器エコキュート
(メーカー問わず)
60万円~100万円程度
基礎・電気・ガス等の工事、電力会社への申請などで追加費用がかかる(20~30万円程度)

ただし、設置場所によっては配管工事や電気工事が必要となる場合があり、それに伴い費用が増加することがあります。また、既存のエコキュートと同じ種類の機器を選ぶ場合は、既存の配管や電気回路を流用できるため、交換費用が抑えられることもあるでしょう。

加えて、交換に伴い解体や撤去が必要な場合もあり、それに伴う費用も加算されることがあります。このようにエコキュート機器全体(工事費込み)の交換費用の相場は、さまざまな要因によって変動するため、事前に専門業者に見積もりを依頼することが重要です。

エコキュートの「修理」にかかる費用の相場

エコキュートの修理費用は、故障の原因や範囲によって異なりますが、一般的には2万円から20万円程度が相場とされています。中でも、ヒートポンプの熱交換器の故障等は高額になる可能性が高い部分です。

ただし、部品交換が必要な場合や、複数の部品に問題がある場合には、それ以上の費用がかかることもあります。定期的なメンテナンスや点検を行うことで、故障の予防にもつながりますし、二次的な被害を抑えて修理費用を安くするためにも早めに対処しましょう。

エコキュートの「工事」にかかる費用の相場

エコキュートの「工事」にかかる費用相場は、交換前の機器によって変動します。一般的には、エコキュートの方が電気温水器よりも高く、ガス給湯器よりも安くなります。

旧設備がエコキュートや電気温水器の場合は、工事費用は約10〜15万円前後です。一方、ガスタイプからの交換の場合は、15万円以上の費用がかかることがあります。

また、費用には工事内容によっても差があります。例えば、配管工事が必要な場合や、既存の電気回路を増設する必要がある場合は、費用が高くなることがあるでしょう。

エコキュートの修理と交換はどちらがお得?

どちら お得

エコキュートの修理と交換は、故障箇所やエコキュートの年式、使用頻度などを考慮し、修理と交換のメリット・デメリットを比較して、適切な選択をすることが大切です。

項目修理交換
費用故障箇所によって異なるが
2~20万円程度
新しいエコキュートの購入費用がかかる
時間修理にかかる時間が長い
可能性がある
交換にかかる時間は比較的短い
効率性長期的に見て効率が悪くなる
可能性がある
長期的に見てより効率的で
エコロジーな選択となる場合がある
故障の再発修理後も他の部分が故障する新品のエコキュートなので再発リスクは低い
費用面修理の方が安い場合もある取り付け工事費用もかかるため、
費用がかかる場合がある

修理の場合は、故障箇所や修理にかかる時間によって費用が異なりますが、交換に比べて費用は安くすみます。しかし、すぐにまた故障する可能性があるため、長期的には交換が必要になることがあるでしょう。

13~15年経過した過年度製品は、修理部品もないので、残念ながら交換をおすすめいたします。特にヒートポンプの故障は、かなりの修理費が必要ですので、交換する方が安く済む場合があります。

交換の場合は、新しいエコキュートを購入する必要がありますが、長期的に見るとより効率的でエコロジーな選択となる場合があります。ただし、交換には取り付け工事費用がかかるため、費用の面で考えると修理がお得な場合もありますが、内容により判断が必要です。

どちらがよいのかは現状によって異なるため、お得なほうを選びたい場合には専門家へ相談しましょう。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの修理・交換費用を抑える方法

エコキュートの交換費用を抑える方法をいくつか紹介します。

方法内容
1.専門業者ではなく安い修理サービスを利用する水道トラブル24時のような安い修理サービスを利用する
2. ネットで新品・中古品を購入する中古品を購入して業者に交換してもらう。
3. 複数社から見積もりを取る複数の業者から見積もりを取り、価格を比較し、値切り交渉をする
4. DIYで交換する工具や部品を自分で用意してDIYで交換
5. 火災保険を利用する火災保険や家財保険で交換費用をカバーする
・凍結等で故障した際は利用可能
・修理できない場合は交換費用も出る
6.リース・レンタルを利用するリース・レンタルを利用し、交換に備える

以上が、エコキュートの交換費用を抑える方法です。故障や寿命が来た場合、慌てずに落ち着いて選択肢を検討し、費用を抑えることが大切です。

エコキュートを交換する時のポイント

エコキュートを交換する際のポイントは、以下が挙げられます。

項目説明
古いエコキュート等の確認交換前に古いエコキュートの型式や容量や圧力を確認し、
既存基礎の寸法も測ること
新しいエコキュートの確認新しいエコキュートの型式や容量や圧力や寸法が古いものと同じか確認
搬入経路や設置場所の確認エコキュートの搬入経路や設置場所について、事前に確認
追加費用が掛かるポイントがここです。
動作確認の実施交換後にはエコキュートの動作確認を行い、不具合があれば速やかに対処
廃棄方法の考慮交換後には古いエコキュート等の廃棄方法についても考慮

買い替え前の古いタイプにおいて形式や容量を確認し、適切なエコキュートを選んだら、設置のために必要なスペースや搬入経路を確保しておきましょう。また、設置後に動作確認を行っておき、手元に残った古いタイプをどのように処分するかまで決めておくとスムーズです。

エコキュートの交換業者のおすすめな選び方

交換業者 おすすめ 選び方

エコキュートの交換業者のおすすめな選び方は、以下が挙げられます。

項目内容
実績・口コミ過去の施工実績や評判を確認
保証・アフターサポート保証内容期間や修理対応内容を確認
対応力丁寧かつ迅速に対応してくれる業者を選ぶ
見積もり明確な見積もりを提示してくれる業者を選ぶ
価格コストパフォーマンスを考慮して比較検討する
資格・技術力業者の資格や技術力が高いことを確認する

信頼できる業者を選ぶことで、安心してエコキュートの交換を行うことができます。あまり、安売りしすぎる業者を選ぶと、いつの間にか、会社自体が倒産している確率が高いので注意してください。

【関連記事】【初心者向け】エコキュートの交換方法を徹底解説!安全な取り替え方と費用は?

エコキュートの交換費用に関するよくあるQ&A

エコキュートの交換費用に関するよくある以下のQ&Aへ回答します。

交換費用に関するよくあるQ&A

  • マンションのエコキュートの交換にかかる費用は?
  • エコキュートの交換に使える補助金は?
  • エコキュートの工事代金はいくらですか?
  • エコキュートの寿命は何年ですか?
  • エコキュートの交換に何日かかる?

マンションのエコキュートの交換にかかる費用は?

マンションのエコキュートの交換にかかる費用は、大まかに分けると2通りです。マンション専用のエコキュートを選ぶか、一般地用エコキュートを選ぶかにより変わります。

マンション用エコキュートに掛かる費用は、70~80万円程度となります。室内等に設置しているエコキュートはこれに該当いたします。漏れる可能性がエコキュートだけ限定されるのはどうかと思いますが、エマージンシーストップ(エマスト)機能のあるエコキュートの方が安心だと思います。

このエコキュートの場合は、そのマンション自体が専用エコキュートでないと設置できない 仕様になっていることが多く、このタイプしか選択肢がありません。メーカーも限定されて、コロナか、三菱になると思います。マンション設置を熟知した業者に必ず現場調査を依頼しましょう。

一般地用エコキュートの交換にかかる費用は、50~60万円程度となります。ベランダ・廊下パイプスペース等に収納されているエコキュートは、これに交換できる可能性があります。寸法次第なので、必ず現場調査を依頼しましょう。

エコキュートの交換に使える補助金は?

エコキュートの交換に使える補助金として、地方公共団体の資金や、国からの支援金があります。そして、国の支援金は、エコキュートの交換を行う場合に限り、最大で数十万円の助成が受けられることもあります。

エコキュートの工事代金はいくらですか?

エコキュートの工事代金は、8万円から15万円となります。工事代金には、エコキュート本体の購入費用や、配管工事の費用、電気工事の費用などが含まれるので、交換を行う場合は、工事代金を詳しく確認することが重要です。工事込み・保障込みで掲載していない業者には気を付けましょう。

エコキュートの寿命は何年ですか?

エコキュートの寿命は、一般的には約13~15年位となります。ただし、使用環境によっては、寿命が短くなる場合もあります。

エコキュートの交換に何日かかる?

エコキュートの交換にかかる日数は、工事の内容や状況によって異なりますが、一般的には半日から1日程度となります。

まとめ

エコキュートの交換には、機器本体の購入費用に加え、工事代金、配管工事費用、電気工事費用などがかかります。交換費用は、交換前の機器や設置場所によって異なるため、事前に専門業者に見積もりを依頼することが重要です。

また、エコキュートの修理費用も把握しておくことで、修理か交換かの選択に役立ちます。エコキュートの交換費用を抑える方法として、複数社から見積もりを取る、中古品を利用する、DIYで交換するなどがあります。

交換前には、古いエコキュートの型式や容量を確認し、適切なエコキュートを選ぶことが大切です。交換には工事が必要なため、信頼できる業者を選んで、安心して交換を行いましょう。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

カテゴリー