無料でのお見積承ります!
0120-334-880 受付時間:平日 9:00~17:00
お問い合わせ 時間外の方はこちら
お問い合わせ 時間外の方はこちら

エコキュートの給湯混合弁の交換とは?費用や手順を解説

エコキュート

エコキュートの給湯温度が安定しない、給湯量が足りない、給湯音が大きいなどの問題に悩まされていませんか?それは給湯混合弁の故障が原因かもしれません。

エコキュートの給湯混合弁は、温度センサー、電磁弁、混合弁の3つの部品から構成され、給湯温度の安定化、省エネルギー、給湯安全性の向上を図るために重要な役割を担っています。

本記事では、エコキュートの給湯混合弁について詳しく解説しています。役割や交換の必要性、故障の原因やタイミング、交換の手順などをぜひ参考にしてください。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの給湯混合弁とは

エコキュート 給湯混合弁 交換 とは

給湯混合弁は、エコキュートの本体と給湯配管の間に設置されています。エコキュートから出るお湯の温度を外気温や使用量によらず一定に保ち、省エネルギー、給湯安全性の向上を図るための部品です。

温度センサー、電磁弁、混合弁の3つの部品から構成され、重要な役割を担っています。

部品名役割
温度センサーエコキュートから出るお湯の温度を検知する
電磁弁温度センサーの信号に応じて、お湯の流量を調節する
混合弁電磁弁で調節されたお湯と冷水を混ぜて、設定温度に近づける

給湯混合弁の役割

給湯混合弁の役割は、次のようになります。

役割内容
給湯温度の安定化お湯の温度を外気温や使用量によらず一定に保つ
省エネルギーお湯を必要な温度に調整し、エネルギーのロスを防ぐ
給湯安全性の向上お湯の温度を過剰に上げず、凍結破裂や水漏れを防ぐ

エコキュートの給湯混合弁交換の必要性

給湯混合弁は、長期間使用すると劣化する可能性があります。劣化すると、次のようなトラブルが発生することがあります。

給湯混合弁交換の必要性

  • 給湯温度が不安定になる
  • 給湯量が不足する
  • 給湯音が大きくなる

給湯温度が不安定になる

給湯混合弁は、温度センサーや電磁弁と連動して動作します。温度センサーは、出口でのお湯の温度を検知して、電磁弁に信号を送ります。

電磁弁は、信号に応じてお湯と冷水の流量を調節する役割を担う部分です。しかし、温度センサーや電磁弁が故障すると、お湯と冷水の調節がうまくいかなくなります

その結果、出口でお湯が熱すぎたり冷たすぎたりすることがあり、シャワーや洗面台で不快感や火傷を招く危険性も高まるでしょう。

給湯量が不足する

給湯混合弁は、お湯と冷水の流量を適切に分配する役割もあります。しかし、電磁弁が詰まったり動かなくなったりすると、お湯の流量が制限されてしまうのが不便です。

その結果、出口で十分な量のお湯が出なくなることがあります。これは、バスタブや洗濯機でお湯が足りなくなったり、時間がかかったりする問題も発生します。

給湯音が大きくなる

給湯混合弁は、お湯や冷水の流れに影響を与えます。しかし、電磁弁や混合弁が摩耗すると、お湯や冷水の流れに抵抗が生じます。

たとえば、出口で異音や振動が発生することがよくみられる事例です。これは、給湯時に騒音や振動に悩まされることにつながり、早期の交換が求められるでしょう。

エコキュートの給湯混合弁交換のタイミング

エコキュート 給湯混合弁 交換 タイミング

エコキュートの給湯混合弁は、一般的に10年程度で交換が必要になると言われています。しかし、使用頻度や水質によっても寿命は変わります。上記のような症状が現れたら、早めに専門業者に点検してもらいましょう。また、定期的にメンテナンスを行うことで、故障を未然に防ぐこともできます。

エコキュートは高効率で節約できる給湯器ですが、長く使うためには適切な管理が必要です。給湯混合弁交換はそのひとつです。エコキュートの性能を維持し、安全で快適な給湯生活を送るためにも、給湯混合弁交換の必要性とそのタイミングを把握しておきましょう。

これらのトラブルが発生した場合には、給湯混合弁の交換が必要です。交換時期は一概に言えませんが、一般的には10年程度で交換することを推奨しています。

給湯混合弁はエコキュートの重要な部品です。正常に機能させることで、快適で安全で省エネルギーな給湯を実現できます。定期的な点検やメンテナンスを行いましょう。

エコキュートの給湯混合弁の故障が起こる原因

給湯混合弁が故障すると、お湯の温度が不安定になったり、お湯が出なくなったりすることがあります。では、なぜ給湯混合弁が故障するのでしょうか?

ここでは、給湯混合弁の故障が起こる原因をいくつか紹介します。

給湯混合弁の故障が起こる原因

  • 給湯混合弁の劣化
  • 給湯混合弁の詰まり
  • 給湯混合弁の設定ミス

給湯混合弁の劣化

給湯混合弁は、エコキュートの中にある貯湯タンクから出るお湯と水道水を混ぜて、リモコンで設定した温度に調整します。このとき、給湯混合弁には温度センサーや電磁弁などの電気部品が内蔵されています。

これらの部品は、長年使っていると劣化したり、水分やカルキによって腐食したりすることが多くなってしまうものです。その結果、温度センサーが正しく温度を検知できなくなったり、電磁弁が開閉できなくなったりして、給湯混合弁が正常に動作しなくなることがあります。

給湯混合弁の詰まり

給湯混合弁は、貯湯タンクから出るお湯と水道水を混ぜるために、内部に細かい穴や通路があります。しかし、貯湯タンクや水道管に付着しているカルキや錆などの汚れが流れ込んできて、これらの穴や通路を詰まらせることがあります。

その場合、お湯と水の流量や圧力が変わってしまい、給湯混合弁が正確に温度を調整できなくなり故障へと発展してしまうでしょう。また、詰まりによって給湯混合弁内部で水漏れや空気抜けが起こると、エコキュート本体にも影響を与える可能性があります。

給湯混合弁の設定ミス

給湯混合弁は、リモコンで設定した温度に応じてお湯と水の割合を変えますが、リモコンの設定ミスや操作ミスによって設定温度が適切でない場合があります。

リモコンで設定した温度よりも高い温度でお湯を出そうとすると、給湯混合弁は水道水を少なく混ぜて温度を上げようとしますが、水道水の流量や圧力に限界があるため、お湯の温度を十分に上げられずに低温のまま出てしまうことがあります。

逆に、リモコンで設定した温度よりも高い温度でお湯を出そうとすると、給湯混合弁は水道水を多く混ぜて温度を下げようとしますが、貯湯タンク内のお湯の量や温度に限界があるため、お湯の温度を十分に下げられずに高温のまま出てしまうといったこともあるでしょう。

こうした理由から、給油混合弁が故障してしまうため、メンテナンスや使用方法に注意しなければなりません。

エコキュートの給湯混合弁の交換の手順

給湯混合弁が故障すると、給湯温度が不安定になったり、水漏れが発生したりする可能性があります。その場合は、給湯混合弁の交換が必要になります。

ここでは、エコキュートの給湯混合弁の交換の手順を紹介します。

給湯混合弁の交換の手順

  • 電源と水道を切る
  • 給湯混合弁を取り外す
  • 新しい給湯混合弁を取り付ける
  • 電源と水道を入れる
  • 給湯温度を確認する

電源と水道を切る

まず、エコキュートの電源と水道を切ります。電源は、エコキュートの本体やリモコンにある電源スイッチをオフにします。水道は、エコキュートの近くにある給水栓や分岐栓を閉めます

これで、エコキュートから水が出なくなります。

給湯混合弁を取り外す

次に、給湯混合弁を取り外します。給湯混合弁は、エコキュートの本体の下部にある金属製の円筒形の部品です。給湯混合弁には、4本の配管が接続されています。それぞれ、冷水入口、温水出口、循環水入口、循環水出口と呼ばれます。

配管には色や記号で区別されていますが、念のため写真やメモで記録しておくと良いでしょう。配管を外すには、レンチやスパナなどの工具を使います。配管と給湯混合弁の間にあるナットを緩めて、配管を引き抜きます。

このとき、配管から水が漏れる可能性があるため、バケツやタオルなどで受けておくと安心です。4本の配管をすべて外したら、給湯混合弁を持ち上げて取り外して次のステップです。

新しい給湯混合弁を取り付ける

最後に、新しい給湯混合弁を取り付けます。新しい給湯混合弁は、古いものと同じ型番やメーカーのものを用意します。新しい給湯混合弁には、ガスケットやシールテープなどが付属している場合がありますので、配管と給湯混合弁の間に挟んで水漏れを防ぎましょう。

新しい給湯混合弁をエコキュートの本体に差し込みます。そして、4本の配管をそれぞれ正しい位置に接続します。配管と給湯混合弁の間にあるナットをレンチやスパナでしっかりと締め付ければ、取り付けは完了です。

電源と水道を入れる

最後に、エコキュートの電源と水道を入れます。電源は、エコキュートの本体やリモコンにある電源スイッチをオンにします。エコキュートの近くにある給水栓や分岐栓を開けると水が出ます。

給湯温度を確認する

最後に、給湯温度を確認します。リモコンで設定した温度と実際に出る温度が一致しているかどうかをチェックします。もし温度が不安定だったり、異常な音がしたりする場合は、再度給湯混合弁や配管の接続を確認してください。

この手順は一般的なものであり、エコキュートの型番やメーカーによって異なる場合があります。必ず取扱説明書やメーカーのサポートページなどを参考にし、自信がない場合や危険だと感じた場合は、自分で行わずに専門家に依頼しましょう。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

給湯混合弁の交換における注意点

エコキュート 給湯混合弁 交換 注意点

給湯混合弁の交換は、専門的な知識や技術が必要な作業です。適切に行わないと、水道管や給湯器に損傷を与えたり、火災や感電の危険性が高まったりすることがあります。

そこで、ここからは給湯混合弁の交換における注意点を紹介します。

給湯混合弁の交換における注意点

  • 給湯混合弁の種類を確認する
  • 水道管や給湯器の型番を確認する
  • 電源や水道を切る
  • 作業用具や部品を用意する
  • 作業手順を確認する

自分で購入する場合は、自分の家の給湯混合弁に適したものを選ぶことが重要です。

エコキュートの三方弁の修理代

三方弁とは、エコキュートの室外機と貯湯ユニットをつなぐ配管にある弁で、お湯の流れを制御する役割を担っています。三方弁が故障すると、お湯が沸かなかったり、お風呂の湯はりができなかったりするトラブルが発生します。

一般的には、三方弁のみを取り替える場合は3〜5万円程度、基盤と一緒に取り替える場合は8〜10万円程度が目安となります。ただし、これはあくまで概算であり、メーカーや業者によって異なる場合があります。また、修理費用には技術料や出張料なども含まれています。

修理費用を抑えるためには、複数の業者から見積もりを取って比較することがおすすめです。三方弁の故障は、長期間使用したり、水質が悪かったりすると起こりやすくなります。そのため、定期的な点検やメンテナンスを行うことが大切です。

また、エコキュートには保証期間が付いている場合もあるため、故障した際にはメーカーに確認しましょう。

【関連記事】【初心者向け】エコキュートの交換方法を徹底解説!安全な取り替え方と費用は?

エコキュートの給湯混合弁のFAQ

エコキュートの給湯混合弁に関するよくある質問と回答を紹介します。

エコキュートの給湯混合弁のFAQ

  • エコキュートの給湯混合弁の交換費用はいくらですか?
  • エコキュートの混合弁はどこ?
  • 給湯混合弁異常とは何ですか?
  • ダイキンエコキュートの混合弁交換費用はいくらですか?

エコキュートの給湯混合弁の交換費用はいくらですか?

エコキュートの給湯混合弁の交換費用は、メーカーや機種によって異なりますが、一般的には3万円から5万円程度です。ただし、交換費用には、部品代や工事費だけでなく、出張費や消費税なども含まれます。

また、交換時期や状況によっては、追加料金が発生する場合もあります。たとえば、給湯混合弁以外の部品も交換が必要な場合や、給湯混合弁の位置が高い場所にある場合などです。

そのため、正確な交換費用を知るには、メーカーに問い合わせるか、専門業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

エコキュートの混合弁はどこ?

エコキュートの混合弁は、エコキュート本体の下部にあることが多いです。しかし、機種や設置場所によっては、エコキュート本体の上部や横部にある場合もあります。

また、屋外に設置されているエコキュートの場合は、屋内にあるリモコンパネルや配管ボックスの中にある場合もあります。

そのため、エコキュートの混合弁を探す際には、まずエコキュート本体を確認し、それでも見つからない場合は、リモコンパネルや配管ボックスを開けてみることをおすすめします。

給湯混合弁異常とは何ですか?

給湯混合弁異常とは、エコキュートから出るお湯の温度が正常に調節されない状態を指します。給湯混合弁異常が発生すると、以下のような症状が現れます。

給湯混合弁異常の症状例

  • お湯が出ない
  • お湯が冷たい
  • お湯が熱すぎる
  • お湯の温度が安定しない
  • お風呂で追い焚きができない

これらの症状が出た場合は、給湯混合弁が故障していることが多いです。そのため、早急にメーカーに連絡するか、専門業者に修理や交換を依頼することをおすすめします。

ダイキンエコキュートの混合弁交換費用はいくらですか?

ダイキンエコキュートの混合弁交換費用は、機種や年式によって異なりますが、一般的には3万円から5万円程度です。

ただし、交換費用には、部品代や工事費だけでなく、出張費や消費税なども含まれます。また、交換時期や状況によっては、追加料金が発生する場合もあります。

たとえば、混合弁以外の部品も交換が必要な場合や、混合弁の位置が高い場所にある場合などです。そのため、正確な交換費用を知るには、ダイキンサービスセンターに問い合わせるか、専門業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

まとめ

エコキュートの給湯混合弁は、エコキュートから出るお湯の温度を一定に保ち、省エネルギー、給湯安全性の向上を図るための部品です。長期間使用すると劣化する可能性があり、劣化すると給湯温度が不安定になったり、給湯量が不足したりするなどのトラブルが発生することがあります。

給湯混合弁の寿命は一般的に10年程度と言われており、使用頻度や水質によっても異なります。給湯混合弁が故障した場合は専門業者に点検してもらい、交換が必要になるため、定期的な点検やメンテナンスを行うことで、故障を未然に防ぎましょう。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

カテゴリー