無料でのお見積承ります!
0120-334-880 受付時間:平日 9:00~17:00
お問い合わせ 時間外の方はこちら
お問い合わせ 時間外の方はこちら

エコキュート交換の電力申請とは?必要なケースや方法を解説

エコキュート

エコキュートの交換を考えているけど、電力申請って何をしたらいいかわからない…そのような方も多いのではないでしょうか。また、どのような手順が必要なのでしょうか。

本記事では、エコキュート交換で電力申請が必要なケースや、申請の手順、必要な書類について解説します。エコキュート交換の際に必要な電力申請について理解し、スムーズに手続きを進められるでしょう。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュート交換の電力申請とは

エコキュート 交換 申請 とは

エコキュートを交換する際には、電力会社に電力申請をする可能性があります。電力申請とは、電力会社に対して、新しい機器の使用に伴う電気容量の増減や配線の変更などを届け出ることです。

電力申請は、エコキュートの交換工事の前に行う必要があります。電力申請をしないでエコキュートを交換すると、火災や感電などの危険が発生する可能性もあるでしょう。

また、契約上の問題や違約金などのトラブルも起こる可能性があります。エコキュートの交換工事は、専門業者に依頼することをおすすめします。専門業者は、電力申請の手続きや工事の実施をスムーズに行ってくれるのが利点です。

エコキュートの交換で電力申請が必要なケース

エコキュートの交換で電力申請が必要なケースは、以下のような場合です。

電力申請が必要なケース

  • 電気容量が変わる場合
  • 機器が変わる場合

電気容量が変わる場合

エコキュートの容量や種類が変わる場合、電気容量が増減する可能性があります。たとえば、5kWの電気温水器から4kWのエコキュートに交換する場合や、ヒートポンプ式からヒートポンプ・ガス併用式に交換する場合などです。

このような場合は、電力会社に電力申請をして、ブレーカーや配線などの設備が適切かどうかを確認してもらう必要があります。

機器が変わる場合

エコキュートを設置する場合、機器の変更をする必要があります。このような場合は、電力会社に電力申請をして、機器変更の報告をする義務があります。

【やり方】エコキュート交換の電力申請の手順

ここからは、エコキュート交換の電力申請の手順について説明します。

交換の電力申請の手順

  • 電力会社に問いあわせる
  • 電力会社から受理通知が届く
  • エコキュートを交換する
  • 配線工事完了報告書を電力会社に送る

1. 電力会社に問い合わせる

まず、エコキュートを交換する予定の日程を決めます。その後、電力会社に問い合わせて、エコキュート交換の申請書を送ってもらいます。申請書には、以下のような項目が記入されています。

申請書の項目

  • お客様情報(氏名、住所、電話番号など)
  • 現在使用しているエコキュートの情報(メーカー、型番、容量など)
  • 交換予定のエコキュートの情報(メーカー、型番、容量など)
  • 交換予定日
  • 交換業者の情報(会社名、担当者名、電話番号など)

申請書は郵送かFAXで送ります。電力会社から受理通知が届くまでには、1週間から10日ほどかかります。

2. 電力会社から受理通知が届く

電力会社から受理通知が届いたら、エコキュート交換の申請が正式に承認されたことになります。受理通知には、以下のような内容が記載されています。

受理通知の内容例

  • 受理番号
  • 受理日
  • 配線工事許可証
  • 工事完了報告書

配線工事許可証と配線工事完了報告書は、交換業者に渡します。これらの書類がないと、配線工事を行えません。

3. エコキュートを交換する

受理通知が届いたら、交換業者に連絡して、エコキュートの交換日を確定します。交換業者は、配線工事許可証をもとに、エコキュートの配線工事を行います。

配線工事が終わったら、配線工事完了報告書にサインして次のステップです。

4. 工事完了報告書を電力会社に送る

最後に、配線工事完了報告書を電力会社に送ります。これで、エコキュート交換の電力申請の手順は完了です。電力会社から確認通知が届くまでには、1週間から10日ほどかかります。

以上が、エコキュート交換の電力申請の手順です。エコキュートは高圧の電気を使用するため、安全に取り扱うことが重要です。電力申請の手順をしっかりと守って、快適な給湯生活を楽しみましょう。

電力申請に必要な書類

電力申請に必要な書類は、電力会社や申請内容によって異なりますが、一般的には以下のものがあります。

必要書類内容
低圧電気使用申込書電気を使用するための申込書で、発電設備や負荷設備、運用方法、単線結図などを記入
施工証明書兼お客さま電気設備図面電気工事を行ったことを証明する書類で、施工者や主任電気工事士の名前や免状番号、自主検査の結果、盤結線図や電気図面を添付
竣工図面発電設備や負荷設備の配置や仕様を示す図面で、発電場所周辺地図や工事程表も含む

これらの書類は、インターネットやFAXで申請できますが、各項目を正確に記入し、必要な添付ファイルを用意する必要があります。また、申請後に電力会社から確認の連絡が入る場合もあるため、登録したメールアドレスや電話番号に注意してください。

電力申請は、発電設備の導入や容量変更などに伴って行われる重要な手続きです。電気工事士としては、適切な設計と施工を行い、正確な申請内容を提出することが求められます。

エコキュート交換の電力申請の注意点

エコキュート 交換 申請 注意点

ここでは、エコキュート交換の電力申請に関する注意点を紹介します。

電力申請の注意点

  • 申請書代行料金がかかることがある
  • 設置後の申請は受理されないケースがある

申請書代行料金がかかることがある

エコキュートは、お湯を安い深夜電力で沸かすことができる利点がありますが、そのためには電力会社との契約を変更する必要があります。エコキュート設置業者は、電力会社に契約変更の申請を代行してくれます。しかし、有料ですので希望すれば自分で行うことも可能です。

申請書代行料金は、業者や地域によって異なりますが、一般的には3万円前後が相場です。自分で申請する場合は、必要な書類や手続きを確認しておきましょう。

設置後の申請は受理されないケースがある

エコキュートを交換する場合は、設置前に電力会社への申請を済ませておく必要があります。設置後に申請すると、受理されないケースが多くなります。

受理されない理由としては、以下のものが挙げられるでしょう。

受理されない理由の例

  • 施工後に連絡が取れない
  • エ設置場所や配管の長さが電力会社の要件を満たしていない
  • 対象機器として登録されていないエコキュートの型番やメーカー

設置後に申請できないと、安全面で問題が生じる可能性があります。そのため、エコキュート交換の際には、事前に電力会社への申請を忘れずに行いましょう。

エコキュートの交換補助金にも申請がある

エコキュートは他の給湯器に比べて初期費用が高く、買い替える際にも工事費がかかります。そこで、エコキュートの交換補助金が役立ちます。

エコキュートの交換補助金とは、国や自治体がエコキュートの導入を促進するために実施している制度です。エコキュートの交換補助金を受けるには、対象となる機器や条件を満たす必要があります。また、申請方法や期限も異なるため、注意が必要です。

エコキュートの交換補助金は、省エネルギーと経済的なメリットを得られる大きなチャンスです。しかし、補助金の制度は予算や期間に限りがありますし、申請手続きも複雑です。

そのため、エコキュートの交換を検討している方は、早めに情報収集や相談を行うことがおすすめです。

エコキュートの補助金申請条件は?

エコキュートの補助金申請条件は、補助金の種類や地域によって異なります。一般的な条件としては、以下のものがあります。

一般的な条件の例

  • 新規設置または既存設備から交換されたものであること
  • 対象年度内に購入・設置・使用開始されたものであること
  • 対象地域内に設置されたものであること
  • 対象機種や容量であること
  • 省エネ基準や安全基準を満たしていること

詳細な条件は、補助金の発行元や販売店に確認してください。

エコキュートの交換補助金は、省エネルギーと環境保全に貢献するために設けられた制度です。エコキュートの交換を検討している方は、国と自治体からの補助金を活用してみてはいかがでしょうか。

エコキュートの交換申請は専門業者に依頼

エコキュート 交換 申請 業者

エコキュートの交換申請は専門業者に依頼することが必要です。エコキュートは高圧の水と高温のガスを使用するため、安全に取り扱うには専門的な知識と技術が必要です。

また、エコキュートの交換は電気や水道などの設備と連動しているため、正しく接続しないと故障や漏電の原因になる可能性があります。

そのため、エコキュートの交換申請は専門業者に依頼し、適切な設置や点検を行ってもらうことが重要です。専門業者に依頼することで、エコキュートの性能や寿命を最大限に引き出せます

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

自分でエコキュートの交換申請はできる?

エコキュートの交換申請は、自分で行えます。ただし、申請方法や条件は自治体によって異なるため、事前に確認する必要があります。一般的には、以下の手順で申請を行います。

エコキュートの交換申請

  • お住まいの自治体のエコキュート交換補助金制度があるか確認
  • 補助金制度がある場合は、必要書類や申請方法を確認
  • 必要書類を提出し、自治体から承認を受ける
  • 指定された業者による交換工事を行う
  • 工事が完了したら、自治体に報告し、必要書類を提出
  • 申請内容が正しいことを確認した後、補助金が指定口座に振り込まれる

エコキュートの交換申請は、自分で行えますが、注意点もあります。たとえば、補助金の予算額に上限がある場合や、工事後に申請すると受理されない場合もあります。

また、補助金の対象となるエコキュートの機種や工事業者も限定されている場合があります。そのため、申請する前には必ず自治体に詳しく確認しておくことをおすすめします。

【関連記事】【初心者向け】エコキュートの交換方法を徹底解説!安全な取り替え方と費用は?

エコキュートの交換申請のFAQ

エコキュートの交換申請についてよくある質問と回答をまとめました。

エコキュートの交換申請のFAQ

  • エコキュートの電力会社申請とは?
  • エコキュート補助金2023の申請方法は?
  • エコキュートの電力会社申請費用はいくらですか?
  • エコキュートの国の補助金は?

エコキュートの電力会社申請とは?

エコキュートの交換申請には、電力会社への申請が必要です。これは、エコキュートが電力網に影響を与える可能性があるため、電力会社が設置条件や工事方法を確認するためです。

電力会社への申請は、エコキュートの販売店や施工業者が代行してくれる場合が多いですが、自分で行う場合もあります。申請には、設置場所や型式、容量などの情報が必要です。

申請後、電力会社から設置承認書が発行されると、工事を開始できます。

エコキュート補助金2023の申請方法は?

エコキュート補助金2023は、こどもエコ住まい支援事業の一環として、エコキュートを設置するリフォーム工事に対して補助金が交付される制度です。補助金の申請方法は以下のとおりです。

エコキュート補助金2023の申請方法

  • リフォーム対象製品からエコキュートを選択
  • 登録された工事施工業者と請負契約を結ぶ
  • 工事施工業者が申請または予約を行う
  • 工事完了報告を行う
  • 工事施工業者が補助金を受け取り、補助対象者に還元

エコキュートの電力会社申請費用はいくらですか?

エコキュートの電力会社申請費用は、電力会社によって異なります。一般的には、無料か数千円程度ですが、場合によっては数万円かかることもあります。

電力会社申請費用は、エコキュートの購入価格に含まれている場合もあれば、別途支払う必要もあります。購入前に販売店や施工業者に確認することをおすすめします。

エコキュートの国の補助金は?

エコキュートの国の補助金は、こどもエコ住まい支援事業以外にも、経済産業省が実施する「給湯省エネ事業」があります。この事業では、エコキュートや太陽熱温水器などの省エネ給湯器を設置する場合に、一定の条件を満たすと補助金が交付されます。

エコキュートの国の補助金

  • 補助対象者:個人または法人(住宅所有者)
  • 補助対象物件:住宅(新築・既存・賃貸・共同住宅)
  • 補助対象機器:省エネルギー性能基準(JIS)を満たすエコキュート
  • 補助率:機器価格(税込)または工事費(税込)の10%(上限5万円)
  • 申請期間:2023年4月1日~2023年12月31日(予算消化次第終了)

このほかにも、地方自治体や電力会社などから独自の補助金が出ている場合もあります。詳しくは各機関にお問い合わせください。

まとめ

エコキュートは、交換する機器の容量や種類、配線の変更などによって、ブレーカーや配線などの設備が適切かどうかを確認するため、電力会社に申請する必要があります。交換申請を考えた際には、電力会社に申請しなければ容量変更や配線変更はできないことに注意しましょう。

非常に難しい手続きなため、エコキュートの交換工事には専門業者に依頼することをおすすめします。また、補助金の申請もできるため、利用する場合は自治体のホームページなどを確認しておきましょう。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

カテゴリー