無料でのお見積承ります!
0120-334-880 受付時間:平日 9:00~17:00
お問い合わせ 時間外の方はこちら
お問い合わせ 時間外の方はこちら

エコキュートの交換方法|タイミングとポイント

エコキュート

古いエコキュートが故障しやすくなっている、または電気代や水道代が高くなっていると感じたことはありませんか?そのようなときには、エコキュートの交換を検討するべきです。しかし、交換の方法はどのようなものがあるのか、手順はどうなっているのか気になる人が多くいます。

そこでこの記事では、エコキュートの交換に関する必要性やリスク、そして交換方法について詳しく説明します。また、DIYでの交換で知っておきたいリスクついても触れるため、ぜひ参考にしてください。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの交換の必要性・理由

エコキュート 交換 方法 必要性 理由

エコキュートは長く使うと劣化して効率が低下したり、故障したりする可能性があるため、交換が必要になることがあります。

また、最新のエコキュートは省エネルギーで快適性に優れているため、古いモデルを使っていると、電気代や水道代が高くなったり、お湯の温度や量に不満を感じたりすることもあるでしょう。

このような場合も、新しいモデルに交換することで、快適さや節約効果を得られます。

また、老朽化による安全性の低下も挙げられます。エコキュートは高圧力・高温度・高電圧の機器であり、正しい取り扱いが必要です。古いエコキュートは、部品の劣化や老朽化により、漏電や水漏れ、火災などの危険性が高まることがあります。

こうしたことで、故障が多発すると修理費用がかさんでしまうため、長期的な視点からも交換が必要となることがあります。

エコキュートの交換方法

エコキュートの交換は一般的な給湯器の交換とは異なり、専門的な知識と技術が必要です。ここからは、交換方法について詳しく説明します。

  • 交換の手順
  • 必要な工具
  • 必要な専門的な知識と技術
  • 必要な資格

交換の手順

エコキュートの交換には以下の手順が必要です。

交換の手順

  • 既存のエコキュートを停止し、電源を切ります。
  • 給湯配管と給水配管を切断し、水抜きをします。
  • エコキュート本体を取り外し、新しいエコキュートに取り替えます。
  • 給湯配管と給水配管を接続し、漏水チェックをします。
  • 電源を入れて動作確認をします。

必要な工具

エコキュートの交換には以下の工具が必要です。

必要な工具

  • モンキーレンチ
  • パイプカッター
  • パイプレンチ
  • テフロンテープ
  • 電気ドリル
  • ドライバー
  • メジャー
  • 水平器

必要な専門的な知識と技術

エコキュートの交換には以下の専門的な知識と技術が必要です。

求められる専門的な知識と技術

  • エコキュートの仕組みと構造を理解すること
  • 配管工事の基本的な方法と注意点を知ること
  • 電気工事の基本的な方法と注意点を知ること
  • エコキュートの設置場所や方向を適切に決めること
  • エコキュートの種類やサイズに合わせて選ぶこと

必要な資格

エコキュートの交換には以下の資格が必要です。

必要な資格

  • 給水装置主任技術者
  • 電気工事士
  • エコキュート設置士
  • 液化石油ガス設備士(ガス→エコの場合)
  • 簡易内管(ガス→エコの場合)

このように、エコキュートの交換はそう簡単に自分で行えません。工事料金等を安く抑えられるメリットが得られるものの、リスクやデメリットが大きいので専門業者に依頼してください。

エコキュートの交換を考えるタイミング

エコキュートの交換のタイミングは、主に以下の3つに分けられます。

交換を考えるタイミング

  • 故障や不具合が発生した場合
  • 性能や機能が低下した場合
  • 経済的なメリットがある場合

故障や不具合が発生した場合

まず、故障や不具合が発生した場合は、エコキュートの交換が必要です。エコキュートは、高圧でお湯を沸かすため、圧力容器やヒートポンプなどの部品に負担がかかります。

そのため、部品の故障や漏水などの不具合が起こる可能性があります。特に、圧力容器に問題がある場合は、爆発や火災などの危険性もあるでしょう。

また、ヒートポンプに問題がある場合は、冷媒ガスの漏洩や効率低下などの問題が起こります。これらの故障や不具合は、修理するよりも交換する方が安全かつ経済的です。

性能や機能が低下した場合

次に、性能や機能が低下した場合も、エコキュートの交換を検討する必要があります。エコキュートは、最新の技術で開発されているため、新しいモデルほど省エネルギーや快適性に優れています。

例えば、最新のエコキュートは、冬場でも高効率でお湯を沸かせる「高温水ヒーター」や、「フルオート」や「節水」などの便利な機能を搭載しています。

これらの性能や機能は、古いモデルでは実現できません。そのため、古いモデルを使っていると、電気代や水道代が高くなったり、お湯の温度や量に不満を感じたりする可能性があります。

このような場合は、新しいモデルに交換することで、快適さや節約効果を得られます。

経済的なメリットがある場合

最後に、経済的なメリットがある場合も、エコキュートの交換を考えるべきです。エコキュートは、電力会社から補助金や割引制度を受けられます。特に、「ピークカット型」や「時間帯別電灯型」などの電力契約をすると、電気代を大幅に削減できます。

しかし、これらの電力契約は、最新のエコキュートに対応している必要があります。古いモデルでは対応できない場合もあります。

そのため、電力契約を変更する際は、エコキュートも一緒に交換することで、より経済的になる可能性があります。交換することで、安全性や快適性だけでなく、省エネルギーや節約効果も得られるでしょう。

エコキュートの交換におけるDIYの可能性とリスク

エコキュート 交換 方法 可能性 リスク

エコキュートの交換におけるDIYの可能性とリスクを、下記に分けて解説します。

DIYの可能性とリスク

  • DIYでの交換が可能かどうか
  • DIYでの交換に伴うリスクと注意点

DIYでの交換が可能かどうか

エコキュートは、高圧の給湯器であり、電気や水道などの専門的な知識や技術が必要な機器です。そのため、一般的には DIYでの交換は推奨されません

エコキュートの交換には、以下のような作業が含まれます。

エコキュートの交換作業例

  • 既存のエコキュートの撤去と処分
  • 新しいエコキュートの設置と配管・電源線の接続
  • リモコンの取り付けと通信線の接続
  • 電力会社への申請と検査

これらの作業を正しく行わないと、エコキュートの故障や漏電・水漏れなどの事故につながる可能性があります。また、メーカーや販売店の保証が受けられなくなる場合もあります。

したがって、エコキュートの交換は、専門的な資格や経験を持つ業者に依頼することが安全で確実です

DIYでの交換に伴うリスクと注意点

もしもDIYでエコキュートの交換に挑戦する場合は、以下のようなリスクと注意点を十分に理解しておく必要があります。

DIYでの交換に伴うリスクと注意点

  • 電気用品安全法や電気事業法などの法令
  • 第二種電気工事士以上の資格
  • 水漏れや漏電・火災などが起こる恐れ

エコキュートは、電気用品安全法や電気事業法などの法令に基づいて製造・販売されています。そのため、DIYで交換する場合は、これらの法令を遵守する必要があります。

例えば、電気事業法では、200V以上の電源線を引き込む場合は、第二種電気工事士以上の資格を持つ者が行わなければなりません。また、電力会社への申請や検査も必要です。これらの手続きを怠ったり、不正に行ったりすると、罰金や損害賠償を求められる可能性があります。

エコキュートは、高圧・高温度・高電圧の機器であり、取り扱いには細心の注意が必要です。DIYで交換する場合は、適切な工具や部品を用意し、メーカーの取扱説明書や施工マニュアルをよく読んで作業しなければなりません。

しかし、それでも作業中や作業後に事故や故障が発生する可能性はゼロではありません。例えば、配管や電源線を正しく接続しないと、水漏れや漏電・火災などが起こる恐れがあります。

また、エコキュート本体やリモコンを傷つけたり壊したりすると、修理費用がかかるだけでなく、保証も無効になる場合があります。

DIYでエコキュートの交換を行う目的は、費用を節約することだと思われます。しかし、実際にはそうとも言えません。まず、エコキュート本体や部品を購入する際には、ネット販売業者から購入することになりますが、これらはメーカー希望小売価格よりも安く販売されていることが多くありません。

また、配送費や廃棄費も自己負担になる場合があります。さらに、工具や材料も自分で用意しなければなりませんし、作業時間も長くかかることが予想されるでしょう。

これらを考慮すると、DIYで交換することで得られる費用対効果や時間効率は低いと言えます。

【部分別】エコキュートの交換方法の例

エコキュートの交換は、専門業者に依頼するのが一般的ですが、部分的に自分で交換できる場合もあります。ここでは、エコキュートの部分別の交換方法の例を紹介します。

エコキュートの交換方法の例

  • 混合弁の交換方法
  • 三層管の交換方法
  • パッキンの交換方法

混合弁の交換方法

混合弁は、エコキュートから出るお湯と水道水を混ぜて温度を調節する部品です。混合弁が故障すると、お湯の温度が安定しなかったり、お湯が出なかったりすることがあります。

混合弁の交換方法は以下のとおりです。

混合弁の交換方法

  • 電源を切り、水道メーターの元栓を閉めます。
  • 混合弁につながっている配管を外します。配管には水が残っている可能性があるため、バケツやタオルなどで受けます。
  • 混合弁を取り外します。混合弁にはネジやクリップなどで固定されている場合があるため、ドライバーやペンチなどで外します。
  • 新しい混合弁を取り付けます。新しい混合弁には取り付け方や注意事項が書かれている場合があるため、それに従います。
  • 配管を元に戻します。配管にはゴムパッキンやテープなどで密閉する必要がある場合があるため、それに従います。
  • 水道メーターの元栓を開き、電源を入れます。
  • 混合弁からお湯と水道水が正常に出るか確認します。

三層管の交換方法

三層管は、エコキュートから給湯器までお湯を送る配管です。三層管は、内側にアルミ鋼製の管、中間に断熱材、外側にポリエチレン製の管という三層構造になっています。

三層管が劣化すると、お湯の温度低下や漏水などの問題が起こることがあります。三層管の交換方法は以下のとおりです。

三層管の交換方法

  • 電源を切り、水道メーターの元栓を閉めます。
  • 三層管につながっている給湯器とエコキュートの配管を外します。配管には水が残っている可能性があるため、バケツやタオルなどで受けます。
  • 三層管を取り外します。三層管はクリップやネジなどで固定されている場合があるため、それらを外します。
  • 新しい三層管を取り付けます。新しい三層管には取り付け方や注意事項が書かれている場合があるため、それに従います。
  • 給湯器とエコキュートの配管を元に戻します。配管にはゴムパッキンやテープなどで密閉する必要がある場合があるため、それに従います。
  • 水道メーターの元栓を開き、電源を入れます。
  • 三層管からお湯が正常に流れるか確認します。

パッキンの交換方法

パッキンは、エコキュート内部や配管などの接続部分にあるゴム製の部品です。パッキンは、水漏れや空気漏れを防ぐ役割を果たしています。

パッキンが劣化すると、水漏れや空気漏れなどの問題が起こることがあります。パッキンの交換方法は以下のとおりです。

パッキンの交換方法

  • 電源を切り、水道メーターの元栓を閉めます。
  • パッキンがある部分につながっている配管や部品を外します。配管や部品には水や空気が残っている可能性があるため、バケツやタオルなどで受けます。
  • パッキンを取り外します。パッキンはクリップやネジなどで固定されている場合があるため、それらを外します。
  • 新しいパッキンを取り付けます。新しいパッキンには取り付け方や注意事項が書かれている場合があるため、それに従います。
  • 配管や部品を元に戻します。配管や部品にはゴムパッキンやテープなどで密閉する必要がある場合があるため、それに従います。
  • 水道メーターの元栓を開き、電源を入れます。
  • パッキンから水漏れや空気漏れが起こらないか確認します。

エコキュートの交換は専門業者へ依頼

エコキュート 交換 方法 専門業者

エコキュートも長年使っていると故障や劣化が起こります。そのようなときには、エコキュートの交換が必要です。

エコキュートの交換は、一般的な給湯器の交換とは異なり、屋外に設置されているヒートポンプユニットと、屋内に設置されている貯湯ユニットから構成されています。この両方のユニットを交換する必要があり、知識や技術がなければ非常に難しいものです。

また、エコキュートは高圧電気を使って動作するため、電気工事士の資格が必要です。さらに、エコキュートは空気中の熱を利用するため、設置場所や方向にも注意が必要でしょう。

このように、エコキュートの交換は専門的な知識と技術が必要な作業です。そのため、エコキュートの交換は専門業者へ依頼することをおすすめします。

専門業者ならば、エコキュートの交換に適した機種や設置方法を提案し、安全かつ迅速に作業を行えます。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

【補足】エコキュートの交換費用と時間

エコキュートの交換費用と時間は、機種や設置条件によって異なります。一般的には、費用は10万円から20万円程度、時間は2時間から4時間程度かかります。

ただし、これらはあくまで目安であり、実際の費用や時間は見積もりを取って確認する必要があります。

ポイントメリット
既存の機種と同じメーカーや容量の機種を選ぶ配管や電気工事の変更が少なくて済む
設置場所や方向を変えないヒートポンプユニットの移動や取り付け工事が不要
専門業者に見積もりを複数取る費用やサービス内容を比較して最適な業者を選べる

エコキュートの交換費用や時間を抑えるためにも、上記のポイントを押さえましょう。

【関連記事】【初心者向け】エコキュートの交換方法を徹底解説!安全な取り替え方と費用は?

エコキュートの交換方法に関するFAQ

エコキュートの交換方法についてよくある質問と回答をまとめました。

エコキュートの交換方法に関するFAQ

  • エコキュートの取り付けは簡単ですか?
  • エコキュートの取替え手順は?
  • エコキュートの取替え費用はいくらですか?
  • エコキュートの寿命は何年ですか?
  • エコキュートの入れ替え準備は?

エコキュートの取り付けは簡単ですか?

エコキュートの取り付けは、専門の業者に依頼するのが一般的です。エコキュートは、屋外に設置する本体と屋内に設置するリモコンからなります。

本体は、屋根や壁などに固定する必要がありますし、リモコンは、電源や配管などを接続する必要があります。これらの作業は、電気や水道などの知識や技術が必要であり、安全面や保証面でも自分で行うのはおすすめできません。

また、エコキュートの取り付けには、自治体や電力会社などの許可や申請が必要な場合もあります。そのため、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

エコキュートの取替え手順は?

エコキュートの取替手順は、以下のようになります。

エコキュートの取替え手順

  • 既存のエコキュートを撤去します。本体とリモコンを外して、配管や電源などを切断します。
  • 新しいエコキュートを設置します。本体とリモコンを取り付けて、配管や電源などを接続します。
  • 新しいエコキュートの動作を確認します。水漏れや異音などがないかチェックします。
  • 既存のエコキュートを処分します。業者が回収してリサイクルや廃棄を行います。

この手順は、業者によって若干異なる場合もありますし、作業時間も変わる場合もあります。一般的には、2〜4時間程度で完了すると言われていますが、事前に業者に確認しておくことが大切です。

エコキュートの取替え費用はいくらですか?

エコキュートの取替え費用は、以下の要素によって変わります

項目価格
エコキュート本体40~50万円程度
取り付け工事費10~20万円程度
旧機器の処分費2~3万円程度
補助金や割引など条件や期間によって異なる

以上の要素を合計した金額が、エコキュートの取替費用となります。一般的には、40〜70万円程度と言われていますが、見積もりを複数の業者から取ることで比較検討することが重要です。

エコキュートの寿命は何年ですか?

エコキュートの寿命は、使用状況やメンテナンスなどによって異なりますが、一般的には10〜15年程度と言われています。しかし、それよりも早く故障や劣化が起こる場合もありますし、それよりも長く使える場合もあります。

そのため、定期的に点検や清掃を行うことで寿命を延ばせます。また、以下のような症状が現れたら交換時期かもしれません。

症状が現れたら交換時期かも

  • お湯が出ない
  • お湯温度が安定しない
  • お湯量が減った
  • 異音や振動がする
  • 水漏れや水垢が多い
  • 電気代が高くなった

これらの症状が現れたら、業者に相談して修理や交換を検討しましょう。

エコキュートの入れ替え準備は?

エコキュートの入れ替え準備としては、以下のことを行うことが望ましいです。

エコキュートの入れ替え準備

  • 業者と日程や時間帯を決める
  • 設置場所周辺を整理する
  • 水道メーターとブレーカーへのアクセスを確保する
  • リモコン設置場所を決める
  • 補助金や割引申請書類を用意する

これらの準備を行うことで、スムーズかつ安全に入れ替え作業を行えます。

まとめ

エコキュートも長年使っていると故障や劣化が起こり、交換が必要です。しかし、高圧電気を使って動作するため、電気工事士の資格が必要となったり、高度な技術や知識を求められたりするのも実際の現状です。

さらに、エコキュートは空気中の熱を利用するため、設置場所や方向にも注意が必要となるでしょう。エコキュートの交換は専門的な知識と技術が必要な作業です。そのため、エコキュートの交換は専門業者へ依頼することをおすすめします。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

カテゴリー