無料でのお見積承ります!
0120-334-880 受付時間:平日 9:00~17:00
お問い合わせ 時間外の方はこちら
お問い合わせ 時間外の方はこちら

ベストはいつ?エコキュートの買い替え時期とタイミング|目安とメリットも解説

エコキュート

「エコキュートの買い替え時期はいつがベストなのか?」この疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。エコキュートは省エネ性能が高く、電気代の節約にもつながるため、多くの家庭で導入されています。

しかし、長期間使用することで効率が低下することもあります。そこで、本記事ではエコキュートの買い替え時期の目安や、買い替えのメリットや注意点について解説します。ぜひ、この記事を参考にして、最適な買い替え時期を見極めてください。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの買い替え時期は?

エコキュートの買い替え時期は、一概には決められません。しかし、一般的には、寿命が10~15年とされている機種やメーカーが多いです。

エコキュートは高圧の水と高温の空気を扱うため、部品の劣化や故障が起きやすくなります。また、エコキュートは屋外に設置されることが多いため、風雨や日光によるダメージも受けます。

そのため、10年を過ぎると性能が低下したり、故障の頻度が増えたりすることが多くなるわけです。お風呂に入れない、お湯が出せないという状況に陥らないためには、10年での買い替えがベターと言えるでしょう。

寿命は10年?ベストなエコキュートの買い替え時期

エコキュートの寿命は10~15年とされていますが、これはあくまで目安です。実際には、使用状況やメンテナンス状況によって大きく変わります。

たとえば、毎日大量のお湯を使う家庭では、エコキュートの負担が大きくなります。逆に、節水や節電を心がける家庭では、エコキュートの寿命が延びる可能性があります。

また、定期的に点検や清掃を行うことで、エコキュートの性能を維持したり、故障を未然に防いで使ったりすることもできるでしょう。そのため、エコキュートの買い替え時期は、自分の家庭の使用状況やメンテナンス状況を見極めることが重要です。

寿命20年のエコキュートもある

一方で、エコキュートの中には使い始めて20年経過していても正常に作動するものもあります。これはメーカーや機種が優れているからというよりは、使用状況(環境)に起因するものと考えられます。

たとえば、屋外設置型のエコキュートでは、設置場所や方向によって日光や風雨の影響を受けます。日光や風雨にさらされると、外装や内部部品が劣化しやすくなります。そのため、日陰や風通しの良い場所に設置することで、エコキュートの寿命を延ばすことも可能です。

また、屋内設置型のエコキュートでは、室内温度や湿度によって性能が変わります。室内温度や湿度が高すぎると、エコキュートの効率が低下したり、カビや錆が発生したりする可能性があります。このように、室内温度や湿度を適切に管理できれば、エコキュートの寿命を延ばすこともできると言えるでしょう。

エコキュートの買い替えには補助金が出る

エコキュート 買い替え 補助金

エコキュートの買い替えには、国から補助金が出る制度があります。この制度は、エコキュートの普及を促進するために設けられたもので、エコキュートの性能や設置条件などを満たした場合に適用されます。

エコキュートの補助金について、下記の2つにわけて解説します。

エコキュートの補助金のポイント

  • エコキュート補助金は一台につき5万円
  • 補助金が出るのは予算上限に達するまで

なお、受ける補助金によって金額や上限は異なるため、あくまでも目安としてください。

※情報は2023年10月時点

エコキュート補助金は一台につき5万円

エコキュート補助金の額は、一台あたり5万円となっています。ただし、この額は上限であり、実際に受けられる額は、エコキュートの種類や設置費用などによって異なります。

また、補助金を受けるためには、申請書や領収書などの必要書類を提出する必要もあるため注意しましょう。

補助金が出るのは予算上限に達するまで

エコキュート補助金は、予算300億円が設定されています。この予算は、2023年度末までに使い切られることが予定されており、予算に達した段階で補助金の交付は終了します。年末に購入すると補助金交付に間に合わないこともあり、早めに購入を検討すると良いでしょう。

そのため、エコキュートの買い替えを検討している方は、早めに手続きを進めると良いでしょう。不安に感じた場合は、手続きから必要な条件まで細かく知っている専門業者への相談がおすすめです。

エコキュートの買い替え時期を検討するなら

エコキュートの買い替え時期を検討するなら、下記の2つの観点から考えると良いでしょう。

買い替え時期を検討する2つの観点

  • エコキュートを使って10年が経過するタイミング
  • エコキュートの買い替え・本体価格を安く抑えるタイミング

エコキュートを使って10年が経過するタイミング

エコキュートは、一般的に10年から15年程度で寿命が迎えると言われています。しかし、実際には、使用頻度やメンテナンス状況によって寿命は異なります。

また、故障や不具合が起きてから買い替えると、急な出費や不便な生活になる可能性があります。そのため、エコキュートを使って10年が経過するタイミングは、買い替え時期の目安として考えることがおすすめです。

10年が経過したら、エコキュートの状態や性能をチェックし、次の機種やメーカーを検討し始めましょう。

エコキュートの買い替え・本体価格を安く抑えるタイミング

エコキュートの買い替え・本体価格を安く抑えるためには、補助金や新製品の発売時期などに注目することが重要です。

たとえば、2023年3月には、エコキュート補助金が発表されました。この補助金は、2023年12月31日までの交付期間とされており、旧型のエコキュートから新型のエコキュートに買い替える場合に最大20万円の補助金が受けられます。

また、エコキュートの価格は、新しい機種が発売される前や新制度が導入される前に下がる傾向があります。そのため、ニュースなどで日頃から情報収集しておくことが大切です。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの買い替え時期の目安

エコキュート 買い替え 目安

エコキュートの買い替え時期は、下記のような状況に応じて異なります。

買い替え時期の目安

  • 故障や不具合が頻発する場合
  • 給湯量や温度が不安定になる場合
  • 給湯器本体や配管にサビや汚れが目立つ場合
  • 電気代やガス代が高くなっている場合
  • 給湯器の容量や機能が現在の生活スタイルに合わなくなった場合

これらの状況は、エコキュートの性能が低下しているか、故障のリスクが高まっていることを示しています。そのため、早めに買い替えを検討しましょう。

また、エコキュートは製造から10年以上経過していると、保証期間が切れている場合が多く、修理費用が高額になる可能性があります。その点も買い替え時期の判断基準として考慮すると良いでしょう。

エコキュートを買い替えるべき症状とは?

エコキュートを買い替えるべき症状は、下記が挙げられます。

エコキュートを買い替えるべき症状

  • 給湯量が減少する
  • 給湯温度が不安定になる
  • 給湯時間が長くなる
  • 運転音が大きくなる
  • 異臭や水漏れが発生する

これらの症状は、エコキュートの内部部品の劣化や故障、冷媒漏れなどが原因で起こります。放置しておくと、給湯効率が低下したり、故障が悪化したりする可能性があります。

また、冷媒漏れは火災や爆発の危険性もあります。そのため、これらの症状に気づいたら、早めに専門業者に点検や修理を依頼するか、エコキュートの買い替えを検討することが大切です。

エコキュートからエラーコードが出ている

エコキュートからエラーコードが出ている場合は、何らかの不具合が発生していることが多いです。メーカーや機種によって異なりますが、エラーコードが出ている以上、何かしらの対応は求められます。

まずは、取扱説明書やメーカーのホームページでエラーコードの内容を確認しましょう。一部のエラーコードは、リセットボタンを押したり、電源を切ったりすることで解消できる場合があります。

しかし、それでも改善しない場合や、頻繁にエラーコードが出る場合は、メーカーに点検や修理を依頼する必要があります。

自分で対応できない症状が出た際は、潔く買い替えを検討すべきです。確かに、エコキュートは高価な機器ですが、修理費用も高額になることが多く、修理後も再発する可能性は十分に考えられます。

また、故障したエコキュートは省エネ性能や安全性が低下する恐れもあります。そのため、買い替え時期の目安としては、使用年数が10年以上になったり、修理費用が新品価格の半分以上になったりした場合は、新しいエコキュートに交換することをおすすめします。

エコキュートの買い替えの注意点

エコキュートを買い替える際には、下記の注意点があります。

エコキュートの買い替えの注意点

  • 買い替え工事に時間や費用がかかる場合がある
  • 買い替え後のエコキュートの設置場所や配管のレイアウトが変わる場合がある
  • 買い替え後のエコキュートの容量や機能が過剰になる場合がある

買い替え工事に時間や費用がかかる場合がある

エコキュートを買い替える際には、古いものを撤去して新しいものを設置する工事が必要です。

この工事には、数時間から数日かかる場合があります。また、工事費用は、エコキュートの種類や設置場所、配管の状況などによって異なりますが、数万円から数十万円程度かかることが一般的です。

そのため、買い替え工事の期間や費用を事前に確認しておくことが大切です。

買い替え後のエコキュートの設置場所や配管のレイアウトが変わる場合がある

また、買い替え後のエコキュートの設置場所や配管のレイアウトが変わる場合があります。たとえば、屋外に設置されていたエコキュートを屋内に移動したり、逆に屋内に設置されていたエコキュートを屋外に移動したりすることがあります。

この場合、配管の延長や変更が必要になることがあるでしょう。追加で費用がかかることも想定し、見積もりを確認しておくと安心です。

買い替え後のエコキュートの容量や機能が過剰になる場合がある

最後に、買い替え後のエコキュートの容量や機能が過剰になる場合も考えておく必要があります。たとえば、家族構成や生活スタイルが変わって給湯量が減ったり、必要な機能が減ったりすることがあります。

この場合、電気代やガス代を無駄に消費することになります。そのため、買い替え前に自分の家庭の給湯ニーズを見直しておくことが重要です。

こうした注意点はあるものの、エコキュートの買い替えにはそれを超えるメリットがあります。次は、メリットをチェックしてみましょう。

エコキュートの買い替えのメリット

エコキュート 買い替え メリット

エコキュートを買い替えることには、下記のメリットがあります。

エコキュートを買い替えるメリット

  • 省エネ性能や機能が向上する
  • 故障や不具合の発生率が低下する
  • 給湯器本体や配管の清潔さが保たれる
  • 電気代やガス代が節約できる
  • 補助金や減税などの制度を利用できる

新しいエコキュートは、古いものよりも省エネ性能や機能が高くなっています。たとえば、太陽光発電と連携して電気代を抑えたり、節水モードや追い焚き機能を備えたりしています。長期で見ると50000円前後の電気代を無駄に払うことにもなりかねません。

また、新しいエコキュートは故障や不具合が少なく、給湯器本体や配管も清潔に保たれます。つまり、長期的に見て電気代やガス代を節約できるだけでなく、快適な給湯環境を提供できるということです。

さらに、エコキュートを買い替える際には、国や自治体から補助金や減税などの制度を受けられ、初期費用を抑えることができます。

エコキュートをお得に買い換えるならユニテックへ

ユニテックは、お客様の環境や条件、希望に合わせて適切な商品をご案内します。また、エコキュート交換をサポートする各種割引キャンペーンも定期的に開催しています。

ユニテックのスタッフは、他のどの業者にも負けない自信があります。累計3000件以上の実績があるため、高度な技術力を持っており、今までも多くのお客様から選ばれ、ご好評をいただいてきました。

ユーテックはガスと石油給湯器以外にも、パナソニックや三菱などの各社エコキュートに対応しています。そのため、お客様のニーズにあったサービスを提供できます。

エコキュートの買い替えを考えている方は、ぜひユニテックにご相談ください。親切丁寧誠実な対応をお約束します。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

まとめ

エコキュートの買い替えは、省エネ性能や快適な給湯環境の向上、補助金や減税制度の活用など、多くのメリットがあります。エコキュートの使用年数や状態、給湯ニーズに応じて、買い替えのタイミングを検討しましょう。

買い替えを検討する際には、費用や工事の期間、設置場所や配管の変更などの注意点も確認しましょう。加えて、専門業者への相談や情報収集も大切です。

エコキュートの買い替えを考えている方は、ぜひユニテックにご相談ください。

>>お問い合わせはこちら

カテゴリー