無料でのお見積承ります!
0120-334-880 受付時間:平日 9:00~17:00
お問い合わせ 時間外の方はこちら
お問い合わせ 時間外の方はこちら

エコキュートの買い替え基礎知識|メリット・デメリットをプロが解説

エコキュート

「エコキュートを使っているけど、もう寿命が近いかもしれない」「エコキュート交換のタイミングっていつなの?」とお悩みではないでしょうか。実際、エコキュートは10年程度で寿命が来るのが一般的で、長年使用すると給湯能力が低下したり、故障したりする可能性があるため注意が必要です。

本記事では、エコキュートの買い替えについて、必要性や理由、買い替えを考える時期やタイミングについて解説しています。

また、エコキュートの故障や劣化によるサインや、買い替え時の補助金や割引についても触れるため、基礎知識を身につけ、必要性や理由、買い替えを考える時期やタイミングを判断しましょう。

エコキュート買い替えの見積もりはユニテックへ

ユニテックはエコキュートの修理・交換に特化した専門業者で、無料のお見積もりを承っております。

故障・老朽化の兆候例

  • エラーコードが表示されてしまう
  • 貯湯タンクやヒートポンプユニットの水漏れが止まらない
  • リモコンが操作できなくなった

これらの事例はどれもエコキュートの故障や老朽化の兆候です。このような状況になったら、早めにユニテックにご相談ください。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの買い替えの必要性

エコキュートの買い替えの必要性について、以下の3つの観点から説明します。

エコキュートの買い替えの必要性

  • 故障や劣化による給湯不良や安全性の低下
  • 新型エコキュートの性能向上や機能追加
  • 買い替え時期による補助金や割引の有無

1. 故障や劣化による給湯不良や安全性の低下

エコキュートは、空気中の熱を圧縮してお湯を沸かす仕組みですが、その圧縮機やヒートポンプなどの部品は、使用回数や使用時間に応じて摩耗や劣化します。そのため、給湯能力が低下したり、故障したりする可能性があります。

また、エコキュートは高圧で水を加熱するため、水漏れや水噴出などの事故が起きる危険性も挙げられるでしょう。これらの問題は、定期的な点検やメンテナンスで予防できます。

しかし、製品の寿命に近づくと、修理費用や交換部品の入手困難などの問題も発生する可能性があります。そのため、エコキュートは10年程度で買い替えることが推奨されているわけです。

2. 新型エコキュートの性能向上や機能追加

エコキュートは、技術革新によって年々性能向上や機能追加が行われています。また、太陽光発電システムと連携して余剰電力を利用したり、スマートフォンやタブレットで遠隔操作したりする機能もあります。

これらの機能は、電気代やCO2排出量をさらに抑えるだけでなく、快適さや便利さも向上させることもできるでしょう。そのため、新型エコキュートに買い替えることで、経済的にも環境的にもメリットが得られることもその必要性を高めている理由です。

3. 買い替え時期による補助金や割引の有無

エコキュートは、省エネルギー製品として国や地方自治体から補助金や助成金を受けられる場合があります。しかし、これらの制度は予算や期間に限りがあるため、常に利用できるとは限りません

また、メーカーや販売店からも買い替え時期に応じて割引や特典を提供する場合があります。これらの情報はインターネットやチラシなどで確認できますが、タイミングを逃すと損をする可能性もあります。

そのため、エコキュートの買い替えを検討している場合は、補助金や割引の有無が必要性に大きく影響することがあるでしょう。

エコキュートの買い替えを行う理由

エコキュート交換を行う理由について、下記に分けて解説します。

エコキュートの買い替えを行う理由

  • 給湯温度が安定しない場合
  • 電気代やガス代が高くなった場合
  • 騒音や振動が大きくなった場合

給湯温度が安定しない場合

エコキュートは、空気中の熱を吸収して圧縮することでお湯を沸かします。そのため、外気温や湿度によって給湯温度が変わることがあります。

特に冬場は、外気温が低くなると給湯温度も低下しやすくなります。給湯温度が安定しないと、お風呂やシャワーの温度調節が難しくなったり、ぬるいお湯になってしまったりすることがあります。

ぬるい際には要注意

お湯がぬるくなるという現象は、エコキュート交換で顕著なサインと言えるでしょう。

原因はいくつかありますが、主なものは以下のとおりです。

エコキュート交換で顕著なサイン

  • 熱交換器の劣化
  • 圧力容器の劣化
  • ヒートポンプの劣化
  • 三方弁・混合弁の劣化

これらの部品は、エコキュートの性能や安全性に直結する重要な部品です。これらの部品が劣化すると、エコキュートは十分に熱を取り込めなくなり、お湯を沸かす能力が低下します。

また、これらの部品が故障すると、水漏れや火災などの危険な事態にもつながる可能性も捨てきれません。そのため、お湯がぬるくなった場合は、すぐに専門業者に点検や修理を依頼することが必要です。

しかし、点検や修理をしてもお湯がぬるくなる場合は、エコキュート自体が老朽化している可能性が高いです。この場合は、エコキュートの買い替えが必要となります。

電気代やガス代が高くなった場合

エコキュートは、一般的なガス給湯器に比べて電気代を約7割節約できると言われています。しかし、エコキュートも長年使っていると効率が悪くなったり、故障したりすることで電気代やガス代が高くなることがあります。

電気代やガス代が高くなった場合は、エコキュートの性能低下や故障のサインかもしれません。また、電気代やガス代が高くなるということは、CO2排出量も増えてしまうということです。

環境にやさしいエコキュートのメリットが失われてしまいます。電気代やガス代が高くなった場合は、エコキュート点検やエコキュート修理を行うか、エコキュート交換を検討することが必要です。

13年前後の過年度品から、修理せずに思い切って交換した方が、10年の長いスパンでみるとかなりの節約になっております。

騒音や振動が大きくなった場合

エコキュートは、空気中の熱を吸収して圧縮する際に騒音や振動を発生します。そのため、エコキュートは屋外に設置されることが多いです。

しかし、エコキュートも長年使っていると騒音や振動が大きくなったり、異音が発生したりすることがあります。騒音や振動が大きくなった場合は、エコキュートの劣化や故障のサインかもしれません。

また、騒音や振動が大きくなるということは、近隣住民への迷惑にもなります。騒音や振動が大きくなった場合は、点検や修理を行うか、買い替えを検討することが必要です。

買い替え時期の目安は10~15年程度と言われていますが、使用頻度や使用状況によって異なります。給湯温度の安定性や電気代・ガス代の変化、騒音・振動の大きさなどをチェックしてみましょう。

エコキュートの買い替えを考える時期・タイミング

エコキュート 買い替え タイミング

一般的に、エコキュートの寿命は約10~15年と言われています。しかし、実際には使用頻度や環境条件によって異なります。エコキュートの買い替えを考える時期やタイミングは、以下のようなポイントに注意して判断するとよいでしょう。

理由説明
給湯量や温度の不安定性快適な生活に影響が出る上、修理費用もかさむ
電気代が高くなったり、故障が頻繁に起きたりする維持費がかさむ上、故障による不便や危険性が高まる
エコキュート本体や配管に錆びやひび割れが見られる水漏れや火災の危険性が高まる
保証期間が切れた修理費用が全額自己負担
性能や機能に不満がある新しい製品に買い替えることで満足度を高められる

これらの状況に当てはまる場合は、エコキュートの買い替えを検討するタイミングかもしれません。

エコキュートを買い替えるメリット

エコキュートを買い替えるメリットは主に以下の3つです。

エコキュートを買い替えるメリット

  • 給湯効率や節電効果を高められる
  • 故障やトラブルのリスクを低減できる
  • 最新の機能やデザインを楽しめる

給湯効率や節電効果を高められる

まず、給湯効率や節電効果を高められます。エコキュートは空気中の熱を利用してお湯を沸かすため、電気代は一般的な電気給湯器よりも安く済みます

しかし、エコキュートも長く使っていると劣化してしまい、給湯効率や節電効果が低下します。新しいエコキュートに買い替えることで、最新の技術や性能を利用できます。

例えば、空気中の熱をより効率的に吸収したり、余分な熱を排出したりすることで、給湯効率や節電効果を向上させられます。

また、太陽光発電システムや蓄電池システムと連携することで、さらに電気代を節約することも可能です。

故障やトラブルのリスクを低減できる

次に、故障やトラブルのリスクを低減できます。エコキュートは高温下でお湯を沸かすため、本体や配管に大きな負担がかかります。

そのため、長く使っていると故障やトラブルが起きやすくなります。特に冬場は凍結や水漏れの危険性も高まります。新しいエコキュートに買い替えることで、耐久性や安全性が高まります

例えば、本体や配管の素材や構造を強化したり、凍結防止機能や水漏れ検知機能を備えたりすることで、故障やトラブルのリスクを低減できます。

最新の機能やデザインを楽しめる

最後に、最新の機能やデザインを楽しめます。エコキュートは日々進化しており、新しい機能やデザインが登場しています。

新しいエコキュートに買い替えることで、快適性や利便性を高められます。例えば、給湯量や温度調節機能を向上させたり、リモコン操作や音声案内機能を追加したりできます。

また、本体サイズやカラーバリエーションも豊富になっており、屋外設置でも目立たないようにしたり、屋内設置でもインテリアに合わせたりできます。

エコキュートを買い替えるデメリット

エコキュートを買い替えるデメリットは主に以下の2つです。

エコキュートを買い替えるデメリット

  • 費用がかかる
  • 工事時間が必要

まず、費用がかかります。エコキュートは高価な製品であり、取付工事も必要です。そのため、新しいエコキュートに買い替える場合は多額の出費を覚悟しなければなりません。ただし、ガスの場合も機器の交換費用は少ないものの、月々の費用がエコキュートにくらべて高いため、最終的にエコキュートよりも高くつきますので、よく計算し検討してください。

エコキュート交換は、一般的には40万円から60万円程度かかると言われています。ただし、補助金制度や割引サービスなどもあるため、事前に調べておくとよいでしょう。

買い替えで押さえたい4つのポイント

給湯器の買い替えを検討している方に向けて、押さえたい4つのポイントを紹介します。

買い替えで押さえたい4つのポイント

  • 給湯性能
  • 必要な容量
  • 環境(エコ)
  • 工事日数

給湯の性能

給湯器の性能とは、どれだけ早くお湯が出るか、どれだけ温度が安定するか、どれだけ追い焚きが必要かなどを指します。給湯器の性能は、給湯器のタイプによって異なります。

必要な容量

給湯器の容量とは、一度に供給できるお湯の量を指します。給湯器の容量は、家族構成や使用する場所の数によって変わります。

一般的には、以下のような目安があります。

必要な容量の目安

  • 1~2人暮らし:300L~
  • 3~4人暮らし:370L~
  • 5~6人暮らし:460L~
  • 7人以上暮らし:550L

ただし、これはあくまで目安であり、同時にお風呂と台所でお湯を使う場合や、床暖房や浴室乾燥機などを併用する場合は、より大きな容量が必要になることがあります。最近では、故障時のことも考えて給湯器と床暖房を別々にするご家庭も増えてきております。

給湯器の容量は、お湯が足りなくなったり、無駄に電気を消費したりしないように適切に選ぶことが重要です。買い替える際には、自分の家庭の使用パターンや将来的な変化も考慮して選ぶことが大切です。

環境(エコ)

給湯器は、家庭で最も多くエネルギーを消費する家電の一つです。そのため、環境に配慮したエコな給湯器を選ぶことは、CO2排出量の削減や地球温暖化防止にも貢献できます。

エコな給湯器として代表的なものは、エコジョーズやエコキュートです。エコジョーズは、従来型よりも高効率な熱交換器を使ってガス消費量を約20%削減できる給湯器です。エコキュートは、空気中の熱を利用して電気消費量を約70%削減できる電気温水器です。

エコな給湯器は、初期費用は高めですが、ランニングコストは安くなります。また、国や自治体から補助金や助成金を受けられる場合もあります。買い替える際には、自分の家庭のエネルギー事情や予算に合わせて選ぶことが大切です。

工事日数

給湯器の買い替えには工事が必要です。工事日数は、給湯器のタイプや設置場所によって異なりますが、一般的には半日から1日程度かかります。

工事中はお湯が使えなくなるため、生活に影響が出ることもあります。そのため、工事日数を最小限に抑えることも重要です。

工事日数を抑えるためには、下記の工夫が挙げられます。

工事日数を抑えるポイント

  • 同じタイプやメーカーの給湯器に交換する
  • 給湯器から近い場所で工事する
  • 工事前に周辺環境を整理しておく
  • 工事日程を早めに決めて予約する

また、工事業者によっても工事日数や対応力が異なります。買い替える際には、複数の業者から見積もりを取る、口コミや評判をチェックする、工事内容や保証内容を確認するなどが大切です。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

エコキュートの買い替え費用の相場

エコキュート 買い替え 相場

エコキュートの買い替え費用は、大きく分けて以下の3つに分かれます。内訳によって変動しますが、一般的な相場は以下のとおりです。

費用説明価格
本体価格エコキュートの価格。メーカーや機種、容量や機能によって異なる。30~35万円
工事費エコキュートを設置するために必要な費用。工事内容は施工業者によって異なる。10~15万円
処分費古いエコキュートを処分するために必要な費用。処分方法は施工業者によって異なる。2~5万円

これらの費用を合計したものが、エコキュートの買い替え費用となります。

エコキュートの買い替え費用は、さまざまな要因によって変わりますが、特に以下の4つが大きな影響を与えます。

項目内容
容量370L~550Lの範囲で家族構成や使用頻度に応じて選択する必要がある
形状タンクユニットは角型と薄型があり、角型は設置スペースの有効活用ができるが、角型は安価で断熱性が高い
給湯方式フルオート、オート、給湯専用の3つの分類があり、機能や価格に違いがある
メーカーメーカーによって特徴や性能、価格が異なるため、ニーズや予算に合ったメーカーを選ぶ必要がある

ただし、これは標準的なタイプのエコキュートを交換する場合の目安であり、特殊な仕様や付加価値をプラスしたタイプの場合は、最大70万円程度まで高くなる可能性があります。

また、施工業者や地域によっても価格は異なるため、実際に交換する前に見積もりを取ることが重要です。

買い替えはローンにできる?

エコキュートの買い替え費用は高額ですが、さまざまな補助金や助成金があります。例えば、国や地方自治体からの補助金や助成金、電力会社からの割引制度やポイント制度などです。

これらの制度を利用することで、エコキュートの購入費用を大幅に減らせます。また、これらの制度を利用する場合は、ローンを組むことも可能です。

ローンの金利や返済期間は制度によって異なりますが、一般的には低金利で長期間の返済ができるという特徴があります。ただし、ローンを組む場合は審査が必要であり、条件を満たさない場合は利用できない場合もあります。

エコキュートの買い替え費用は高額ですが、省エネ効果や環境保護効果を考えると、投資に値すると言えるでしょう。

エコキュートの買い替え補助金

エコキュートの買い替え補助金は、国と地方自治体の2種類があります。

エコキュートの買い替え補助金

  • 給湯省エネ事業
  • 地方自治体の補助金

ここからは、受けるための条件と補助金申請書や添付書類も一緒に解説します。

給湯省エネ事業

国の補助金は、給湯省エネ事業と呼ばれており、2023年度まで実施されています。給湯省エネ事業では、既存の給湯器からエコキュートに買い替える場合に、最大5万円の補助金が支給されます。

ただし、補助金の申請は、買い替え工事を行う業者に委託する必要があります。また、補助金の支給は先着順であり、予算がなくなり次第終了します。したがって、早めに申請することが重要です。

地方自治体の補助金

地方自治体の補助金は、各都道府県や市町村によって異なります。一般的には、国の補助金と併用できる場合が多く、さらに5万円から10万円程度の補助金が支給されます。

ただし、地方自治体によっては、補助金の対象となるエコキュートの機種や性能が限定されていたり、申請期間や手続きが異なっていたりする場合があります。

したがって、自分の住んでいる地域の補助金制度を確認することが必要です。

受けるための条件

エコキュートの買い替え補助金を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

受けるための条件

  • 補助金対象となるエコキュートに買い替えること
  • 買い替え工事を指定された業者に依頼すること
  • 補助金申請書や必要な添付書類を提出すること

補助金対象となるエコキュートは、国や地方自治体によって定められた基準を満たすものです。基準には、エネルギー消費効率やCO2排出量などが含まれます。また、一部の地方自治体では、太陽光発電システムや蓄電池と連携したエコキュートに対して、さらに高額な補助金を支給する場合もあります。

指定された業者とは、国や地方自治体から認定された業者です。認定された業者は、適切な工事を行うだけでなく、補助金申請書や添付書類の作成や提出も代行してくれます。したがって、自分で手続きをする必要はありません。

補助金申請書や添付書類

補助金申請書や添付書類は、国や地方自治体によって異なります。一般的には、以下のものが必要です。

補助金申請書や添付書類

  • 補助金申請書
  • 買い替え工事完了証明書
  • エコキュート購入証明書
  • 既存給湯器廃棄証明書
  • 本人確認書類(運転免許証や住民票など)
  • 口座振込依頼書(補助金受取人名義)

これらの書類は、業者から提供されるか、自分で作成する必要があります。また、期限内に指定された場所に郵送するか持参する必要があります。

エコキュートの買い替えで安いおすすめは専門業者

エコキュート 買い替え 専門業者

エコキュートの交換で安いおすすめは専門業者です。専門業者とは、エコキュートに特化した販売・施工・保守・修理を行う会社のことで、以下のようなメリットがあります。

エコキュートの買い替えで安いおすすめは専門業者

  • 専門知識や技術を持っているためお客様のニーズに合わせた最適なプランを提案できる
  • 複数のメーカーの商品を取り扱っているため比較検討や価格交渉ができる
  • 施工やアフターサービスの品質が高く、迅速かつ丁寧に対応できる。
  • 非常に柔軟なため広範囲の対応ができる
  • 故障やトラブルの際にもすぐに駆けつけてくれる

エコキュートの買い替えは大きな買い物です。だからこそ、専門業者に依頼することで、安心して快適な暮らしを送れます。

ユニテックは、修理交換作業をすべて経験豊富な専門スタッフが行っており、累計3000件以上の実績があります。エコキュート専門店として、全メーカーの知見を持ち、お客様の環境や条件、希望に合わせた適切な商品をご案内します。

ユニテックの全スタッフがお客様の立場に立ってご提案いたしますので、何かわからないことや困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。

エコキュートの買い替えに関するFAQ

エコキュートの買い替えに関するよくある質問と回答をまとめます。

エコキュートの買い替えに関するFAQ

  • エコキュートの買い替え代金はいくらですか?
  • エコキュート交換補助金2023は?
  • エコキュートは何年で買い替えた方がよいですか?
  • エコキュートはどこで買い替えた方がよいですか?
  • エコキュートの買い替えは高いですか?
  • エコキュートのお手入れ方法は?
  • オール電化のエコキュートの買い替えは?

エコキュートの買い替え代金はいくらですか?

エコキュートの買い替え代金は、機種や容量、設置場所などによって異なりますが、一般的には30万円から50万円程度が相場です。ただし、これには工事費や廃棄費などの諸経費が含まれていません。

また、エコキュートの種類やメーカーによっても価格は変わりますため、複数の見積もりを取って比較することをおすすめします。

エコキュート交換補助金2023は?

エコキュート交換補助金とは、旧型のエコキュートやガス給湯器などを新型のエコキュートに買い替える際に、国や地方自治体から一定額の補助金が支給される制度です。

2023年度のエコキュート交換補助金は、国から最大10万円、地方自治体から最大5万円が支給されます。

ただし、補助金の対象となるエコキュートは、一定の基準を満たしたものに限られます。また、補助金の申請方法や期限も各自治体によって異なるため、事前に確認しておくことが必要です。

エコキュートは何年で買い替えた方がよいですか?

エコキュートは、一般的には10年から15年程度で買い替えた方がよいと言われています。エコキュートは、使用年数が長くなると性能が低下したり故障しやすくなったりします。

また、新型のエコキュートは旧型よりも省エネ性能や機能性が向上していますため、買い替えることで電気代や水道代を節約できます。

しかし、エコキュートの状態や使用頻度によっても寿命は変わりますため、定期的に点検やメンテナンスを行うことが大切です。

エコキュートはどこで買い替えた方がよいですか?

エコキュートは、電力会社やホームセンターなどで購入できますが、最もおすすめなのは専門業者です。専門業者は、エコキュテの選び方や設置方法などに詳しく、アフターサービスも充実しています。

また、専門業者は見積もりや相談が無料で行える場合が多く、補助金の申請手続きも代行してくれる場合があります。専門業者を選ぶ際には、信頼できる口コミや評判を参考にすることが重要です。

エコキュートの買い替えは高いですか?

エコキュートの買い替えは一見高額に見えるかもしれませんが、実際には長期的に見れば節約になる場合が多いです。新型のエコキュートは旧型よりも省エネ性能や機能性が向上していますため、電気代や水道代を節約できます。

また、補助金や割引制度などを利用すれば初期費用を抑えることも可能です。さらに、エコキュートはCO2排出量を減らせるため、環境への貢献度も高いです。

エコキュートのお手入れ方法は?

エコキュートのお手入れ方法は簡単です。基本的には定期的に点検やメンテナンスを専門業者に依頼するだけで十分です。

しかし、自分でもできる簡単なお手入れ方法があります。それはフィルターの掃除です。フィルターは空気中のほこりや花粉などを取り除く役割を果たしていますが、汚れてしまうと性能が低下したり故障したりする原因になります。

そこで、フィルターは月に一度程度水洗いして乾かすことで清潔に保つことができます。

オール電化のエコキュートの買い替えは?

オール電化とは、家庭内の全ての電力需要を電気だけで賄うシステムです。オール電化では通常ガスや灯油などを使う暖房や調理なども電気で行います。

オール電化ではエコキュート以外にもIHクッキングヒーターや電気床暖房などを導入します。オール電化では電気代が安くなるだけでなくCO2排出量も減らせます。

オール電化のエコキュートの買い替えでは特別な手続きや工事は必要ありません。ただしオール電化では契約アンペア数(電力供給量)を増やす必要がある場合があります。

まとめ

エコキュートは、省エネで環境にやさしい給湯器ですが、長年使っていると劣化してしまうこともあります。劣化したエコキュートは性能低下や故障だけでなく、安全性や快適性にも影響します。そのため、定期的に点検やメンテナンスを行うことが大切です。

また、買い替え時期を見極めることも重要です。買い替え時期の目安は10~15年程度と言われていますが、使用頻度や使用状況によって異なります。給湯温度の安定性や電気代・ガス代の変化、騒音・振動の大きさなどをチェックしてみましょう。

買い替えを考える際のポイント

  • 給湯量や温度の不安定性
  • 電気代が高くなったり、故障が頻繁に起きたりする
  • エコキュート本体や配管に錆びやひび割れが見られる
  • 保証期間が切れた
  • 性能や機能に不満がある

これらの状況に当てはまる場合は、エコキュートの交換を検討するタイミングかもしれません。

ユニテックはエコキュートの修理・交換に特化した専門業者です。多くのお客様から信頼されている業者であり、無料でお見積もりを承っております。また、豊富な実績と高い技術力を持っており、迅速かつ丁寧に対応いたしますため、ぜひお気軽にお問い合わせください。

エコキュートの修理や交換は
経験豊富な専門業者のユニテックにお任せください。

電話で問い合わせ Webでお問い合わせ

カテゴリー